ハッシュタグの魔術師・中島健人、またもやトレンド席巻!見事な"演出"にセクラバ「台本あったの?」

更新日:

ジャニーズの人気グループ・Sexy Zoneが7月24日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)の3時間半スペシャルに出演し、新曲「RUN」を披露しました。この出演にあわせて、中島健人さんがハッシュタグ「#セクゾのRUN聴く」のツイートを呼びかけ、見事にトレンド1位を獲得。ファンと共に大いに盛り上がりました。

■歌、トーク、ワイプに大満足の3時間半


Sexy Zoneはオープニングに登場し、8月5日に発売される新曲「RUN」を披露。

生放送でも安定した歌唱力、気迫あふれるダンス、そして抜群のビジュアルで視聴者を魅了しました。

この日は先輩の嵐も出演しており、中島さんは相葉雅紀さんとの、菊池風磨さんは櫻井翔さんとのエピソードも明かされました。

また、VTRが流れている間は、たびたびワイプでお茶目な表情やしぐさが映し出され、「栄えあるオープニングをつとめ、トーク、ワイプと沢山セクゾがうつり、ありがたく幸せでした」と、セクラバ(=Sexy Zoneファン)にとっては目が離せない3時間半になったようです。

■中島考案のハッシュタグ、トレンド1位を獲得

"ハッシュタグの魔術師"の異名をとる中島さん、この日もSNSに大きなムーブメントを巻き起こしました。

中島さんは、有料会員制のサイト・Johnny's webで、「KTT(KenTeaTime)」というブログを持ち、毎日更新を続けています。

この日は午後3時に「17時にセクゾのWebで待ってます」と呼びかけ、察しの良いセクラバ達は「みんな!17時にケンティーからタグ指定あるってよ!」と、中島さんが指定するタグで今夜の番組を盛り上げようという意図を理解しました。

しかしここで予期せぬ問題が。

いつも「KTT」の中で発信されるのですが、聞き慣れない"セクゾのweb"というワードに、「ところで『セクゾのweb』ってどこのこと?」「迷子・・・迎えに来て・・ケンティー」など、"待ち合わせ場所"に戸惑う人が続出。

「セクゾのwebを探し回るセクラバ・・・」とネットがザワつき、「セクゾのweb」がトレンド入りするハプニングも。

約束の17時、「KTT」に「#セクゾのRUN聴く」の文字が。

さらに菊池さん、佐藤勝利さん、マリウス葉さんも次々に各自のブログに同じハッシュタグを掲載。

どうやら"セクゾのweb"とは、ファンがいつもアクセスしていたJohnny’s webのSexy Zoneのページのことだった様子。

「セクゾの同時WEBジャック!?こういうのを待ってたよー」「自分1人だけが発信するんじゃなくて、メンバーみんなで発信するから『セクゾのweb』 だったんだね!謎が解けた!」と感激の声が続々。

中島さんの狙い通り、「#セクゾのRUN聴く」はすぐにトレンド入りし、見事に1位を獲得。

さらに「セクゾのweb」、「#KTT」、菊池さんのブログ名「#刹那ルツブヤキ」もトレンドを賑わせました。

■ハッシュタグの魔術師・中島、またもやトレンド席巻!見事な"演出"にセクラバ「台本あったの?」

オープニングを飾ったSexy Zoneですが、パフォーマンス終了後に中島さんが再びブログを更新。

一緒に出演した嵐の「カイト」とSixTONESの「NAVIGATOR」、自身らの「RUN」を連ねた新たなハッシュタグ「#カイトでRUNするNAVIGATOR」を提案。

この心遣いに、嵐ファンやSixTONESファンからも「セクゾちゃん、嵐もタグに入れてくれてだいすき」「嵐もセクゾもSixTONESも平和空間だな」と共感のコメントが寄せられ、見事トレンド入り。

「健人くんがジャニーズを心から愛している所が本当に好き」と、中島さんのファンは誇らしく感じたようです。

Sexy Zoneが新レーベル「Top J Records」移籍後、初めてのシングルとなる「RUN」。

待望の新曲発売を目前に、メンバーとセクラバがひとつになって盛り上がった一夜、「台本あったの?ってくらいに忙しくて楽しい半日でした」「今日の熱量保ったまんま、発売日までRUNしていきましょーーー!!」と、セクラバの気持ちはますます高まったようです。

(文:アイドル担当ライター このはな)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.