『うっせぇわ』歌手Ado、ガラスの仮面・北島マヤにシンパシー!?その理由とは…

投稿日:2021/06/12 14:06 更新日:

6月11日放送の「バズリズム02」(日本テレビ系)では、トークゲストとしてAdoさんと三阪咲さんが登場。Adoさんは、美内すずえさんの人気漫画「ガラスの仮面」の主人公・北島マヤに感情移入してしまう瞬間があることを明かし、話題を集めました。

■Adoが「うっせぇわ」の大成功に本音

昨年発表した「うっせぇわ」が話題のAdoさんに、番組MCのバカリズムさんは「前回は10代が好きなアーティスト特集で、あれからさらに3段階ぐらいブレイクしましたよね」と話を振ります。

すると、Adoさんは「いや、もう何が起こってるんだっていうぐらい…自分のことではないようです。本当に何ですか?」と、瞬く間にブレイクしたことについて、自分でも驚いていることを明らかに。

そんなAdoさんに、話題の「うっせぇわ」のカラオケのコツを尋ねると、「サビの『うっせぇうっせぇうっせぇわ』の部分は裏声で歌っていて。『あなたが思うより健康です』のところは地声で歌うようにしています」とコメント。

続けて、「でも皆さんの好きなように歌うのが一番だと思います」と、歌いやすいように自由に歌ってほしいとのメッセージを送りました。

■Ado本人も難しい語る「うっせぇわ」の歌詞とは?

また、三阪さんが「『はぁ?』っていうあそこの部分がすごいなって思って。どうやって出しているんだろうって、すごく気になってます」と伝えると、Adoさんは思わず大笑い。

Adoさんは、「『はぁ?』の部分は、私もたまに失敗すること多くて…。喉を締めてがなり声を使ってるんですけど、それがなかなか自分でも難しいところだなと思っていて」と、「はぁ?」の部分は歌うのが難しいことを明かします。

■『うっせぇわ』歌手Ado、ガラスの仮面・北島マヤにシンパシー!?その理由とは…

Adoさんが現在ハマっていると語るのが、名作「ガラスの仮面」。

バカリズムさんから好きなシーンを聞かれると、マネージャーから「あなたはスターなのよ」と言われた主人公の北島マヤが、「スター…あたしがスター…? いったいどこがスターなんだろう…? 私自身は以前と同じままなのに…。なんだか私をとりまく世界だけが変わってしまった!」と自問自答するシーンをあげます。

このシーンを選んだ理由について、Adoさんは「おこがましいんですけど、私も『うっせぇわ』がどんどん広がって行って。Adoという名前が、どんどん私の先を走って行って、私の心がそれに追いついていないと思うことが何度もあったので、あぁ〜マヤも同じ気持ちなんだって、私の気持ちって正しいんだって思えた瞬間でしたね」と、マヤの心境に感情移入してしまったことを明かしました。

今回の放送にはネット上で、「Ado様のガラスの仮面見てる。相変わらず素敵な声」「Adoちゃんがガラスの仮面について語るの新鮮でいいな」「ガラスの仮面について語ってるの見て良い人だなぁってなった」などのコメントが上がっています。

Adoさん自身も「うっせぇわ」が大成功して、自分もスターになったこともあって、「ガラスの仮面」のマヤに感情移入してしまったと語るのが印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.