後藤真希、モー娘。時代のつんく♂との衝突振り返り「ほんと申し訳なかった」今になって伝えたいことは…

投稿日:2021/06/12 13:46 更新日:

6月11日、タレントの後藤真希さんのYouTubeチャンネル「ゴマキとオウキ」では、後藤さんがかつてのプロデューサー・つんく♂さんについて語る動画を公開。今だから言える関係性が話題を集めています。

(画像:時事通信フォト)

■後藤が本音で語るつんく♂との関係「これ?って感じだったよ」

つんく♂さんのプロデュースについて、「つんく♂さんの世界観って、本当に中々普通の人が考えるようなことじゃないから、自分の中で消化するのに時間がかかるわけ」と後藤さん。

「つんく♂さんがプロデュースすると、自分ではなくなるんだよね」と、つんく♂さんの楽曲をパフォーマンスすることの難しさを語ります。

そして、1999年のモーニング娘。の大ヒット曲『LOVEマシーン』の話に。

後藤さんは最初、モーニング娘。に「かっこいいアイドルのイメージ」を持っていたのだそう。

ところが、後藤さん加入後に初めて出す曲が『LOVEマシーン』となり、あの特徴的な振り付けについて、「つんく♂さん、これ? って感じだったよ」と戸惑ったと語ります。

『LOVEマシーン』は振り付けの直しも何回も入り、「マジで自分の中で消化するのが大変だった13歳」と、相当大変だったと振り返る後藤さん。

『LOVEマシーン』の後は、プッチモニとしてもデビューし、『ちょこっとLOVE』を歌うことになりますが、「あたしってかっこいいグループに入ったんじゃなかったっけ?」と、当時はかなりモヤモヤしていたのだそう。

■後藤、モー娘。時代のつんく♂との衝突振り返り「ほんと申し訳なかった」

もっとも、「今考えるとね、すごいことだと思うのよ」と言う後藤さん。

当時、つんく♂さんは、モーニング娘。だけでなく、プッチモニや後藤さんのソロ、カントリー娘。やココナッツ娘。など、数多くのハロー!プロジェクトを同時にプロデュースしていました。

当時を振り返り、「いつ寝てんの? みたいな」「この詞、本当につんく♂さん書いたのかな? みたいな」「思うぐらい忙しかったと思う」と語る後藤さん。

つんく♂さんとはぶつかることもあったそうですが、「そんな中で私は子供だったから、バンバンバンバン、バシバシぶつかって、ほんと申し訳なかったなって今なら思えるね」と、大人になった今なら、つんく♂さんのすごさがわかると振り返りました。

■後藤が今になって伝えたいことは…

モーニング娘。には3年ほどしか在籍していなかったという後藤さんは、「もっと私が在籍していたら、多分もっといろんなつんく♂さんを見れたのかなとは思うかな」と語ります。

つんく♂さんとはまた共演したいという後藤さん。

「つんく♂さん、今私と会ったら、『あー大人になったな』と思うと思うよ」と言い、「いろいろなことをさ、理解してさ」「ようやく気づいてくれたかな、みたいな感じで思うと思う」と、つんく♂さんと再会した時を想像して笑う後藤さんでした。

今回の動画に対し、ネット上では「想像以上に本音で語っててびっくりした」「真希ちゃんだから語れる、つんく♂さんの凄さ!!」「真希さんとつんくさんの共演見てみたいですね」との声が上がっています。

時が経った今だからこそ語れるつんく♂さんのすごさ。

後藤さんとつんく♂さんの共演に期待する視聴者も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
ゴマキとオウキ
https://www.youtube.com/watch?v=QTRXZb_U1S8

(文:二木もなか)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.