Snow Man・目黒蓮、ファーストキスの年齢を聞かれ…!?ファンを裏切らない回答に加藤浩次も「上手い返しだね!」と絶賛

投稿日:2021/03/03 12:12 更新日:

3月2日放送の「この差って何ですか?」(TBS系)では、Snow Man・目黒蓮さんがゲストとして登場。ファーストキスの年齢を尋ねられた目黒さんの機転を利かした回答が話題を集めました。

■目黒の人生を変えたのはSMAPのあの名曲

今回は、J-POPの名曲の「心に刺さった歌詞」を世代別に発表。

スタジオゲストの目黒さんにも同じ質問をすると、目黒さんは「SMAPさんの『この瞬間、きっと夢じゃない』っていう曲があるんですけど」と、人生を変えた曲を挙げました。

この曲を選ん理由について、「自分が(ジャニーズ)Jr.時代に、自分に価値を見出せなくて仕事に行くこともしんどい時に、電車の中でこの曲だけをずっとリピートして、自分を何とか奮い立たせて仕事に行ってた曲です」とコメント。

極楽とんぼ・加藤浩次さんが、「どこですか? 1番グサッときた歌詞は?」と質問。

目黒さんは、「これ、2番のAメロで『苦しみ悩み続けてた 何度も諦めようとした それでも歩いてきたこの道は たった一つの僕の夢さ』っていう所で…。ちょうどスタジオの最寄駅について、それで電車を降りるっていう自分中のルーティーンが出来上がってた」と心に響くフレーズを解説。

目黒さんによると、「途中何回も乗り換えの駅じゃないのに、逆側のホーム(の電車)になんか乗りたいなって」と、何度も途中で帰りたいと思ったとのこと。

けれども、「それでもずっとこれ聴いて、なんとか頑張ってきた曲です」と、この曲に励まされて頑張ってこれたことを明かします。

■目黒が木村との共演で伝えたこととは?

目黒さんは木村拓哉さんに、「僕はこの曲で人生が変わって、本当にこの曲で助けられました。ありがとうございました」と報告したとのこと。

この時、木村さんは「こちらこそありがとう」と言ってくれたそうで、目黒さんは「こうして木村さんと共演出来てる『この瞬間、きっと夢じゃないんだな』ってその瞬間に思うことが出来て…。『たった一つの僕の夢さ』この道を歩み続けて良かったなって、デビューさせてもらってからすごいやっぱり思います」と、改めてこの曲への想いを力説しました。

■目黒、ファーストキスの年齢を聞かれ…!?ファンを裏切らない回答に加藤も「上手い返しだね!」と絶賛

一方で、陣内智則さんが思い出の曲は、中村あゆみさんの「翼の折れたエンジェル」。

この曲の「Sixteen 初めてのKiss」という歌詞に反応した加藤さんは、「初めてのキス、Fifteenとか思い出しますね」とコメント。

ここで、陣内さんが「Fifteenでした?」と尋ねると、加藤さんは「俺、Fifteenでした」と回答。

この流れで加藤さんはスタジオの出演者に次々とファーストキスの年齢を尋ねていき、同じ質問を目黒さんにも振ります。

これに対して、目黒さんは「英語がわかんないんで」と応えると、加藤さんは「上手い返しだね!」と目黒さんを絶賛しました。

今回の放送にはネット上で、「この差ってなんですかめめのファーストキスの落ちおもろすぎやろ」「めめちゃんファーストキスの質問の返し100点だったね!色んな意味で」「ファーストキスの年齢の質問めめにもくると思ってそわそわしてたら案の定質問されて、"英語分からないんで"って上手い返し方すぎて笑った」などのコメントが上がっています。

ファーストキスの年齢を聞かれた時に目黒さんが、「英語がわかんないんで」とボケて、際どい質問をかわすのが面白かったですね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.