SnowManデビュー前夜、所属グループ抜ける決断した目黒蓮の話が泣ける!?宇宙Sixメンバーがかけた言葉とは

投稿日:2021/01/09 10:31 更新日:

毎週金曜日放送のドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」(フジテレビ)。1月8日の放送では、アイドルグループ・SnowManに密着。目黒蓮さんがジャニーズJr.時代に加入していたグループ・宇宙Sixについて語り、ネット上で反響を呼びました。

■SnowManデビュー前夜、所属グループ抜ける決断した目黒の話が泣ける!?宇宙Sixメンバーがかけた言葉とは

2012年に6人組グループとして結成したSnowMan。

その後ラウールさん、向井康二さん、目黒蓮さんが加入し、9人組グループとして2020年1月にデビューを果たしました。

13歳でジャニーズ事務所入りを果たした目黒さんは、SnowMan加入前には宇宙Sixというグループで活動をしていました。

宇宙Sixは、デビューしている先輩グループのバックダンサーとしてコンサートのステージにも立っていましたが、目黒さんは2019年1月にSnowManに加入してからは2つのグループを掛け持ち。

その後SnowMan一本の活動となっていきます。

今まで所属していたグループを抜け、自身の活動をSnowManに絞ることを宇宙Sixのメンバーに伝えた時は複雑な気持ちもあったという目黒さん。

しかし、目黒さんの気持ちとは裏腹に、宇宙Sixのメンバーは目黒さんの思いを理解してくれたのだと言います。

当時のことを思い出し、目黒さんは「なんかすごい背中押してくれて『頑張れよ』『お前なら出来るし』とか。『お前は素質あったから絶対いけると思ってたよ』みたいな、なんか信じられないぐらいあったかい言葉をかけてくれて」と、心底感謝している様子で語りました。

■「自分が楽しいって思える人生にしようと思って」目黒、仲間の後押しで決めた決意語る

デビュー前のジャニーズJr.には確定的なものがないため、各々が自分の人生をかけて活動しているのだという目黒さん。

当時の仲間である宇宙Sixのメンバーも同じ思いで、そのことをわかってくれていたのではないかと語ります。

目黒さんは、だからこそメンバーは「『お前の人生もあるし』とか、そういうとこまで考えてこう決断してくれたのかな」と自分の背中を押してくれたのではないかと話しました。

当時の仲間の思いを受け「じゃあもう僕も自分の人生をこうまぁ押し出してくれた人たちのためにも、しっかりなんか自分が楽しいって思える人生にしようと思って」と、それが自身の活動の原動力になったのだと言う目黒さん。

仲間に対する真剣な思いを熱く語りましたが、最後は我に返り「恥ずい恥ずい」と照れ笑いをしていました。

■目黒の仲間に対する思い「最高にカッコいい」とファン感激

ネット上では「努力家で漢気に溢れる目黒蓮っていう人間性、本当に尊敬してるよ」「どこまでも人想いな目黒くん素敵です。尊敬します」「恥ずいと言いながらも宇宙Sixのことを一生懸命語る目黒蓮最高にカッコいい」と、目黒さんの語った真っ直ぐな思いに感激したというファンの声が上がりました。

また「宇宙Sixの話も聞けるとは...」「めめが宇宙語ってるの涙止まんねぇ。。。」「目黒が宇宙Sixについて話してるのうるうるしちゃったわ〜、、」と、宇宙Six時代の話を目黒さんの言葉で聞くことができ、胸を熱くしたというファンの声も上がっていました。

SnowManとしてのパフォーマンスや雑誌のモデル、ドラマの出演など幅広く活躍している目黒さん。

その背中には大切な仲間の思いも忘れずに背負っていることを知り、ジャニーズJr.時代からのファンは特に胸に刺さるものがあったのではないでしょうか。

【番組情報】
RIDE ON TIME
https://tver.jp/episode/80995404

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.