NEWS 『チャンカパーナ』に裏テーマ!?手越祐也含む4人体制で初リリースした楽曲、増田貴久が思い語り話題

投稿日:2021/01/09 10:19 更新日:

毎週金曜日放送のラジオ番組「増田貴久 MASTER HITS」(bayfm)。1月8日の放送では、NEWSの楽曲「チャンカパーナ」と「チンチャうまっか」について増田さんが自身の思いを語り、ネット上で話題となりました。

■増田「どっちでなんか戦うべきなんだろう」4人体制になった当時の思い語る

今回は、リスナーのお便りから、昨年発売されたNEWSの楽曲「チンチャうまっか」について語った増田さん。

この楽曲は増田さん曰く「チュムチュム」や「チャンカパーナ」に匹敵する、いわゆる"トンチキソング"に分類されるのではと言います。

まず増田さんは、NEWSが4人体制になってから初めてリリースした楽曲「チャンカパーナ」について、「NEWSがこうね、再出発というかするときに、本当に気合入れて出した曲で思い入れも深い」としみじみと語りました。

グループの人数が減ってからの再スタート曲となった「チャンカパーナ」。

増田さんは、そのカップリング曲として収録された楽曲「フルスイング」についても触れ、その時のことを「(『チャンカパーナ』と『フルスイング』)どっちでなんか戦うべきなんだろうみたいな、みんなで本当に考えて考えてみたいな時期」であったと振り返りました。

■NEWS『チャンカパーナ』に裏テーマ!?手越含む4人体制で初リリースした楽曲、増田が思い語り話

「チャンカパーナ」は”キャッチーなトンチキソング”であると話す増田さんですが、「パフォーマンスはもういたって真面目にというか、本当にかっこよく真剣にパフォーマンスするっていうのがなんか一個裏テーマみたいなものであって」と、楽曲に込められた隠されたテーマを明かします。

トンチキソングを真面目にかっこよくパフォーマンスすることによって、その曲の持つ絶妙な違和感を引き出してくれるのではと語る増田さん。

「なんか例えば、それを自分たちがなんかふざけてやったりとかしたらその曲の良さみたいなものも、伝わるものも伝わらなくなっちゃうんじゃないかなっていうのもあって」と、一切手を抜かない真面目なパフォーマンスを目指す理由についても語りました。

その延長で増田さんは、「チンチャうまっか」のパフォーマンスにも一切トンチキな部分はないという印象なのだと言います。

チンチャうまっかの曲自体は洋楽っぽく、ラップの部分のハマり方もいいという増田さんは「『あれ、これ意外とかっこいい曲じゃん』と思ってくれてたらもうこちらの勝ちというかね。思う壺ですけど」笑いながら自身の企みを明かしました。

■「完全に増田さんの思う壺になってます」増田の思惑にファン見事にハマる

ネット上では、「トンチキソングのパフォーマンスは真面目に...っていう気持ちで挑むのが『あぁ...増田貴久』って感じ」「チャンカパーナが4人再出発のA面で良かったって今は心底思う!」と、増田さんの楽曲やパフォーマンスへの熱い思いに感銘を受けたファンの声が上がっていました。

また「見事にハメられてますけど?」「チンチャうまっかは初めて聴いた時からカッコイイ曲だと私は思ってたよー」「完全に増田さんの思う壺になってます」と、すでに増田さんの思惑に見事にハマってしまったと自己申告するファンの声もありました。

NEWSが3人体制となってから初めてのリリースとなる「チンチャうまっか」。

増田さんにとってもファンにとっても「チンチャうまっか」は新たなスタートに欠かせない、大切な楽曲になったようですね。

【番組情報】
増田貴久 MASTER HITS
https://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20210108230000

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.