Snow Man岩本照、YOASOBIのあの名曲でまさかのダジャレ?「『夜に駆ける』聴きながら…」

投稿日:2021/07/17 9:16 更新日:

毎週金曜日放送の音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)。7月16日の放送では、Snow Manのメンバーが選んだ『元気ソング』がネット上で話題となりました。

SnowMan

■岩本、YOASOBIのあの名曲でまさかのダジャレ?「『夜に駆ける』聴きながら…」

今回は、芸能人と一般人の総勢3000人が選んだ、『頑張る日本を応援してくれる元気ソング2021』ベスト10が発表されました。

最新曲から話題の名曲まで、様々な元気ソングが選出される中、Snow Man・岩本照さん、阿部亮平さん、宮舘涼太さんも、それぞれ自分たちが元気をもらった曲を紹介しました。

岩本さんは、YOASOBIの「夜に駆ける」を選曲。最近はその英語版である「Into The Night」をよく聴くのだと明かします。

この楽曲は全編英語詞になっており、今月全世界に配信されたばかりの曲。

「ちょっとなんか、空耳じゃないけど、英語詞なのに日本語詞に聴こえるみたいなところも、面白いなと思ったし」と、この曲について語った岩本さん。

この楽曲のサビ頭の「Saw what got seen」が、日本語詞の「騒がしい」に聴こえるなど、言葉選びの魅力についても語ると、阿部さんも「あれすごいよね!」と、岩本さんの意見に賛同していました。

さらに岩本さんは、「ランニングの時に聴かせていただくことが多くて。『夜に駆ける』聴きながら夜に駆ける…」と、楽曲名と夜のランニングを掛け、二人の笑いを誘っていました。

■「落ち込んでたわけじゃない」宮舘の弁解にスタジオ爆笑

続けて阿部さんは、Creepy Nuts×菅田将暉の「サントラ」を選曲。

この楽曲について阿部さんは、「これは名曲だよね。自分の生き様をなんとか刻むんだっていう、その強い姿勢。何度聴いても元気付けられますし、菅田将暉さんの歌声もね、サビのね、なんかすごい張り上げてるっていうか、心燃やしてる感じ」と、楽曲に込められたメッセージや熱さを熱弁します。

またこの楽曲は、本番前などに楽屋でSnow Man全員が聴いている曲だそうで、グループとしても元気をもらっている楽曲なのだと明かしていました。

最後に宮舘さんは、玉置浩二さんの「田園」を選曲。

宮舘さんは、「人間誰しも、たぶんちょっと落ち込むことはあるんですけど」と前置きをし、サビ部分の歌詞を紹介します。

これを聴いた阿部さんは「歌詞がすごい強いよね」と、改めてサビの歌詞を噛み締めている様子。

さらに、「全てこう前向きにさせてくれるような楽曲なので」と語る宮舘さんに、阿部さんは「楽屋でも聴いてたよね」と、裏話も明かします。

これにはすかさず「まぁ、別に落ち込んでたわけじゃないんだけどね?」と、宮舘さんが弁解し、スタジオは笑いに包まれていました。

■岩本のまさかのボケにファン爆笑

ネット上では、「『夜に駆ける』を聴きながら夜に駆けるひーくんwww」「まさかのダジャレー!」「岩本くんwww上手い」と、岩本さんのまさかのボケにファンも大笑いだった様子。

また、「本番前にSnow Manみんなでサントラ聴いてるって、、やべー嬉しさが!!」「舘さま田園か〜。良いよね」と、阿部さんと宮舘さんから明かされた元気ソングに、ファンも納得し、歓喜の声を上げていました。

普段は聞くことのない、Snow Manの元気が出る曲を知ることができた、貴重な時間となったようですね。

彼らが元気をもらっているという楽曲を、改めて聴いてみたいと思ったファンもいたのではないでしょうか。

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.