二宮和也「実話に甘えて良いものか」泣ける映画に持論

投稿日:2023/01/23 9:17 更新日:

毎週日曜日放送のラジオ番組「二宮和也 BAY STORM」(bayfmほか)。1月22日の放送では、上映中の映画『ラーゲリより愛を込めて』について、二宮さんが思いを語るシーンがあり、ネット上で話題となりました。

二宮和也

■二宮主演の最新映画、4回の涙では足りない

番組の冒頭で、自身が主演を務める映画『ラーゲリより愛を込めて』の話題について触れた二宮さん。

以前、映画の宣伝をした際に、鑑賞中4回は泣くと言っていた二宮さんでしたが、実際に映画を鑑賞したというリスナーからは『10回以上泣いてしまった』というメールが届いたのだと言います。

番組スタッフもレイトショーで鑑賞したそうなのですが、「すごい、レイトショーであんな(人が)入るっていうくらい入ってました」と、その人気ぶりに驚愕したと語っていました。

さらに、映画を観ていたお客さんの年齢層が広かったそうで、「おじいちゃまなんかもう(映画館を)出る時、非常に複雑な顔をされて出てらっしゃいましたね」と明かしたスタッフ。

戦争がテーマの作品であることから、「男子は男子で思うことありますもんね、やっぱりね。今回の作品で言うと」と、これには二宮さんも納得したようでした。

■映画のヒットから考える二宮の今後の活動

また、スタッフの後ろの席に座っていた方は、泣くを通り越して嗚咽を漏らしていたと言う報告も受けた二宮さん。

「泣くから良いとか泣かないから良くなかったとか(ない)。人によるんすからそんなの」「こうやってたくさんの人に観ていただけるというのは、いかなる時代であっても」と、映画の大ヒットに感謝しているようでした。

さらに二宮さんは、『映画を観に行った職場の方が、二宮さんの演技を褒めていた』というリスナーからのお便りも紹介します。

このことを受けて、「今後、まぁすごい真面目な話、そういう跳ねっ返りを見て、どういうプロモーションしてこうかとか考える訳じゃないですか」と語り、映画の評価や、どのような場面が視聴者の心に刺さったのかということが、今後の活動において重要になってくるのだと明かしました。

ネット上では、「わかる。2時間14分中2時間4分泣いてますよ」「泣けばいいってもんじゃないけど、感情が揺さぶられた時に出るものって涙なんだね〜」「評価の点数とか見てるんだね。そこからプロモーション考えるとか。そりゃそうかぁ。深いお話」「ホントに素晴らしい!まだまだ観に行くよ!」と、実際に映画を鑑賞したファンからも感動したというコメントが数多く寄せられていました。

■二宮和也「実話に甘えて良いものか」泣ける映画に持論

さらに、「実話に甘えて良いものかっていうのもある訳ですよ」と語る二宮さん。

「その実話にだけおんぶに抱っこで『この実話を皆さんに伝えたいんです』っていうことじゃなくて。それプラスアルファーで、さらにその実話ベースのものを立体的にこう見せていかなきゃいけない訳じゃないですか」と、映画を作る側の人間としては、時代に合わせてその作品をよりリアルに立体的に見せていきたいのだと語ります。

映画を鑑賞した人からの感想で、自分の思いが伝わったことを感じたという二宮さんは、「それがなんかこう『伝わった』っていうことをこう目にすると、いやなんか嬉しいよなぁっていう。ちゃんとチャレンジした甲斐があるよなぁっていうのが思うとこですな」「いやぁ…よく頑張りましたよね」と、自分に労いの言葉を贈り、手応えを感じているようでした。

ネット上では、「実話に甘えてはいけない。すごい、名言が出ましたね。にのちゃん素敵!」「ラーゲリは本当に二宮くんもだけど、周りの共演者の方々の演技も皆んな素晴らしかったよなぁ」「自分のことじゃなくて作品としてのことを見てるのが二宮くんらしくて好き」と、二宮さんの深い言葉にリスナーも感銘を受けた様子でした。

さまざまな世代の人が、一つの作品を通して感動し合えるというのは素晴らしいことですね。

二宮さんの演技が多くの人に影響をもたらしていることを感じ、二宮さんのことをより一層誇りに思うファンも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
二宮和也 BAY STORM
https://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20230122220000

(文:椎七みつばち/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.