木村拓哉、あの四字熟語をさすがのアレンジ!「造語を作らせてもらいました」さっそく流行りそうな予感

投稿日:2023/01/22 14:45 更新日:

1月21日放送の「サタデーステーション」(テレビ朝日系)では、木村拓哉さんと綾瀬はるかさんがVTR出演。木村さんと綾瀬さんはこれから叶えたい夢を明かし、話題を集めました。

木村拓哉

■木村拓哉、あの四字熟語をさすがのアレンジ!「造語を作らせてもらいました」さっそく流行りそうな予感

27日公開の映画「レジェンド&バタフライ」で、主人公・織田信長を演じる木村さんと、信長の妻・濃姫を演じる綾瀬さんに高島彩さんがインタビューを実施。

インタビューの最後に、高島さんが「これからの2人の中での夢みたいなものを書いていただいてもよろしいですか?」と伝えると、木村さんと綾瀬さんはフリップにこれから叶えたい夢を書きます。

まず綾瀬さんは「内の声」と回答。

綾瀬さんは「外から入ってくる情報が多すぎることもあって、自分の感じてることっていうのも見てみてもいいかなっていう感じです。結構、習慣になって、それを聞きそびれたりすることもあるから、今は本当はこうしたいなって思うことを自分がしてみるという意味で」と、書いた理由を明かしました。

一方の木村さんは「造語を作らせてもらいました」と前置きし、「夢言実行(ゆうげんじっこう)」と回答。

綾瀬はるかさんが「ロマンがあります。ロマンチック」と伝えると、木村さんは「言ったことを自分の身をもって行動に移すってのが有言実行として素晴らしいと思うんですけど…。言わずともイメージしていたことを自分で行動に移していきたいなっていうような」と答えます。

続けて、木村さんは「コロナ禍に陥って負けてたまるかっていうか。そっちがそう来るんだったら俺も絶対こういってやるよっていう…。どこか攻撃的なメンタリティ、多くを占めてたんですけど、何か良いイメージを持って、『夢』って自由じゃないっすか。だからすごくいいなと思って。ちょっとこれで」と、造語に込めた思いを明かしました。

■木村拓哉「今まで孤独を感じたことは1度もない」

VTR終了後、高島さんは「夢言実行、具体的な夢についてさらに伺ったところ、個人的な思いとしてはオーディエンスが声を出せるようなライブを今年はやりたいと。そして、『レジェンド&バタフライ』のメンバーでもう1度、作品をやって良かったと集まれる瞬間を作りたいと語っていらっしゃいました」と、木村さんは具体的な夢について語っていたことを明かします。

続けて、「それにしても、ずっと一線で走り続けている木村さんは夢言実行。こうやって思いを実現していく描いたものを実現していくんだなというその思いの強さっていうのを改めて感じることができました」と、木村さんと綾瀬さんへのインタビューを振り返ります。

また、番組のエンディングで高島さんは「先ほどの木村さんのインタビューなんですけれども、最後に『信長のように孤独を感じることがありますか?』って聞いたところ、『今まで孤独を感じたことは1度もない』という風に仰ってた」と、印象的だった木村さんの言葉を紹介しました。

今回の放送にはネット上で、「高島アナ、最後にわざわざ伝えてくれた木村くんの『今まで一度も孤独を感じたことはない』(ニュアンス)の言葉になんだか救われた気持ちありがとうございます」「夢言実行……木村くんらしい」「夢言実行 木村くん素敵な言葉をありがとう」などのコメントが上がっています。

「夢言実行」という木村さんの造語が素敵でしたね。

また、木村さんが高島さんに語った「今まで孤独を感じたことは1度もない」という言葉も印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.