二宮和也「古田(敦也)さんみたいな」井ノ原快彦にしか出来ない社長の仕事を生々しく語る

投稿日:2022/12/04 12:29 更新日:

12月4日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、嵐・二宮和也さん、松坂桃李さん、安田顕さんが出演。二宮さんは20th Century・井ノ原快彦さんがジャニーズアイランド代表取締役社長に就任した事について本音を語り、話題を集めました。

ジャニーズ

(画像:時事通信フォト)

■二宮和也、年末年始の過ごし方が激変した事を明かす

今回は、映画「ラーゲリより愛を込めて」に出演の二宮さん、松坂さん、安田さんが出演。

正月の過ごし方の話になると、二宮さんは「この作品が俺、仕事納めだったんですよ。去年…その年の。で、俺仕事納めっていうのが、自分が仕事納めっていう言葉を知ってから仕事を納めたのが人生初めてで。それまで何かずっと『カウントダウン』とかやってたんで、20年ぶりぐらいに家で過ごしたんですよ。大晦日から正月を」と、嵐が活動を休止したため、年末年始の過ごし方が激変した事を明かします。

松坂さんが、「何チャンつけるんですか? そういう時」と尋ねると、二宮さんは「それこそ格闘技とかやってる時は、俺ら『紅白』に出る前の10年とか15年とか前で『カウントダウン』をやらせてもらってるですずっと」と返答。

続けて、「その楽屋は、嵐とTOKIOとV6の3組の楽屋なんですよ、合同の。この3組でいつもフジの格闘技見て、勝った負けたやって。その間に若手がドームでコンサートやってて、オンエアが始まると3組は揃って行くっていうのが例年だったから、もうそわそわしたよね、家で。先輩働いてるの見ながら、大丈夫なんだよな。呼ばれないのか? みたいな。いい経験でしたよ、本当にそうか、みたいな」と、自宅で過ごした年末年始をエピソードを紹介。

また、安田さんは「ちょうどこの作品の時、年末年始。(二宮さんが)『僕ね、年末年始空くんですよ』って。この人は年末年始をちゃんと過ごせてなかった。『何したいですか?』って言った時に、覚えてらっしゃらないと思いますけど、『とりあえず安心して熱を出してみたい』」と、撮影中の二宮さんとの会話を明かしました。

■二宮和也「古田(敦也)さんみたいな」井ノ原快彦にしか出来ない社長の仕事を生々しく語る

滝沢秀明さんのジャニーズアイランド代表取締役退任に伴い、同社の代表取締役社長に就任したのが井ノ原さん。

その事について、二宮さんは「だって考えてもなかったですよ。急に『えっイノッチ社長なの?』みたいな。『えっいいけど言って』みたいな。皆さんと同じタイミングで知ってるから、こっちも。『えっ所属だよね? えっ大丈夫だよね?』一瞬、自分の中の確認があって、だってみんなと一緒に知ってんだから。みんなと同じぐらい驚いてるこっちも。『イノッチが社長!?』みたいな」と本音を吐露。

そんな二宮さんは、「自分たちが、それこそ子供のころに活躍してたプロ野球選手のスター達が、1個上がって今監督になってたりするじゃないですか。あのイメージなんです、今。何かジャニーズ事務所。古田(敦也)さんみたいな。プレーヤー兼監督ですからイノッチに関しては」と、井ノ原さんの仕事をプロ野球の監督にたとえます。

また、「ジャニーズJr.の子たち一人一人と面談して、『君は何したいの?』とか『将来どういう方向に行きたいの?』とかっていうのを。でもやっぱできる人がなるんだなと思って聞いてた、その時は。やっぱイノッチじゃなきゃできないよなっていう」と、社長としての井ノ原さんの仕事にも言及しました。

今回の放送にはネット上で、「ニノがNEW社長のイノッチを監督と選手兼任の古田さんに例えてたのが面白かった」「イノッチが社長になって驚いてるニノ」「年末年始休みでソワソワするニノは仕事人間だよ」などのコメントが上がっています。

二宮さんが「年末年始は安心して熱を出してみたい」と話していたというエピソードが面白いですね。

【番組情報】
ボクらの時代
https://tver.jp/episodes/epqwkiw4i9

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.