なにわ男子・西畑大吾、道枝駿佑の言葉に「ちょっと涙出そうになった」関係性がエモい

投稿日:2022/07/23 12:02 更新日:

7月22日放送の「A-Studio+」 (TBS系)では、なにわ男子・道枝駿佑さんがゲストとして登場。道枝さんはジャニー喜多川さんが名付けたグループ名について本音を明かし、話題を集めました。

なにわ男子

■道枝、グループ名に本音

オープニングトークでMCの笑福亭鶴瓶さんが、「ジャニーさんは もう亡くなったけども、知ってはったわけでしょ?」と話を振ると、道枝さんは「ジャニーさんがなにわ男子っていう名前を付けてくださったので」と応えます。

Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔さんが「最初聞いた時ってどうだった? なにわ男子って」と尋ねると、道枝さんは「マジか! と思いました。やっぱり」と、本音を吐露。

続けて、「やっぱり先輩方ってKis-My-Ft2とかかっこいいじゃないですか、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、King & Prince」と話すと、鶴瓶さんは「逆になにわ男子ってすぐ覚えられるよな」と伝えます。

すると、道枝さんは「だんだん愛着が湧いてきて、何かそれは ジャニーさんマジックだなと思いますし」と、最初は戸惑いがあったグループ名に、愛着が湧いてきた事を明かしました。

また、なにわ男子以外にも、NANIWA BOYS、なんにんじゃというグループ名候補があったとのことでした。

■道枝の母親はSMAPのファンだった

道枝さんがジャニーズに憧れたきっかけについて、鶴瓶さんが「元々、SMAPのファンやて、お母さん。お腹にいる時にコンサート行ってた」と聞くと、道枝さんは「そうです。お父さんに抱っこされながら、SMAPさんのコンサートに行かせていただいたりとかしてて、ジャニーズの曲を聴くようになって、そっから山田君の『金田一(少年の事件簿)』を見て、自分で書きました、履歴書」と答えます。

道枝さんは、木村拓哉さんのソロコンサートの東京公演に招待され、メンバーの西畑大吾さんと共に木村さんと初対面したとのこと。

「楽屋で初めてお会いして、すごい緊張しましたね、めちゃくちゃ」と当時の記憶を回顧すると、藤ヶ谷さんも「わかる。俺らもだから…。SMAPさん全員揃ってるの初めて会った時が、今までの仕事で一番緊張したなっていう…。デビュー発表した日に『BISTRO SMAP』で一言も喋れなかったですね、緊張しすぎて、本当に」と、SMAPとの対面は緊張した事を明かしました。

■西畑、道枝の言葉に「ちょっと涙出そうになった」関係性がエモい

番組エンディング恒例の口上で、鶴瓶さんは「なにわ男子みんな会うたけどいいヤツらやったね。西畑が言ってたんですけど、みっちーは今、ものすごい忙しいと。ず~っと忙しい個人の仕事があって、1日だけグループの仕事に来る時に、この仕事があるからこそまた頑張れるって言うてんのを聞いて、ちょっと涙出そうになったって言うんです」と、取材した西畑さんの言葉を紹介。

続けて、「僕らもそうや、と。あいつが頑張ってるから自分も頑張れるという、切磋琢磨できる関係にあれる事がすっごくいいって言うんですね。この仕組みを作ったジャニーズっていうか、歴史が本当に色んな人をまた勇気づけたり、ジャニーさんという方がやっぱ改めてすごい方やなとは思いましたね」と、締めくくりました。

口上終了後、鶴瓶さんが「ええ名前やな、なにわ男子って」と伝えると、道枝さんは「ジャニーさんに感謝です」と答えました。

今回の放送にはネット上で、「ほんとなにわ男子いいグループだしみんなメンバー大好きなんだろうなぁって思った」「本当に素敵すぎるし、羨ましいなってつくづく思う」「鶴瓶さん『ええ名前やな、なにわ男子って』泣いた」などのコメントが上がっています。

なにわ男子の絆を感じさせるエピソードの後の、鶴瓶さんと道枝さんのやり取りが素敵でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.