NEWS増田貴久流ビューティフルの哲学にサカナクション山口一郎「リンダリンダ思い浮かべた」

更新日:

11月17日放送の「"シュガー&シュガー"サカナクションの音楽実験番組」(NHK Eテレ)では、NEWS・増田貴久さんがトークゲストとして登場し、話題を集めました。

■増田流ビューティフルの哲学にサカナクション山口「リンダリンダ思い浮かべた」

今回のサカナクション・山口一郎さんの対談相手は、増田さん。

山口さんが、曲を作ってもらう時、どのようにオーダーするのか尋ねると、増田さんは「(参考曲を渡す)そういう時もあります。誰々のこんな曲のこの感じのテンポだけど、こんなに、なんか、暗くなくていい、とかぐらいの時もあるし」とコメント。

続けて、「僕は結構テーマ、なんか『ビューティフル』って言葉が好きで、美しいもの、でも自分が美しいものが好きで、美しくいたいから、美しくいるために頑張ってきたけど…。なんか汚くなる、汚れることを恐れてきただけなんじゃないかなっていうのが、自分が気づいた時に、そういう曲作ってくださいって言って」と、自分が歌いたいテーマを伝えることもあるとのこと。

増田さんの話を聞いた山口さんは、「それ、難しいね」と笑みを浮かべます。

また、増田さんは「美しい、美しいにこだわってるとなんかこう…臆病になって行くというか」と話すと、山口さんは「なんかその話聞いた時に、(THE )BLUE HEARTSの『リンダリンダ』思い浮かべたわ」と、増田さんの言葉に「リンダリンダ」に通じる美学を感じたことを明かしました。

■増田、グループの関係を語る

話題が変わり、山口さんは「グループってどんな感じなの? そこも知りたいんだよな」と増田さんに質問。

増田さんは、「ジャニーズのグループのメンバーって、どういう関係なんだろうなって思ったら、だから『はい、君と結婚みたいな』ことなのかなって、もう」とコメント。

また、「本当、家族っていうのは、もちろんそうだと思うんです。僕らも家族だし、なんなら本当の家族よりも長くいるし、より深く知らなきゃいけないし、そういう部分を…。初めは『えっ、君誰?』みたいな所から始まってる人もいるんですよ。もちろん、Jr.歴で一緒にやってた人もいるんだけど、NEWSの場合はほとんど、みんながみんな、まぁ2人ずつぐらいは関係はあるんですけど、大体の人があんま喋ったことがない状態で集まってて」と、グループ結成当初はよく知らないメンバーもいたとのこと。

続けて、「初め9人、『どうも』っていう、『どうもよろしくね』っていう感じの関係でもないんで、『どうもよろしくお願いします』みたいな所から入ってる人もいて…。でも、それで段々、段々関係が築かれていくのかなぁ〜」と、長く一緒にいることで自然とお互いの絆が深まっていったことを明かしました。

今回の放送にはネット上で、「ビューティフルって言葉が好きなんだね。曲のオーダーの出し方が興味深かった。クリエイターだし、物事を良く考えてるし、でもそれをひけらかさない。人間味が深い人」「まっすーのビューティフル深いなリンダリンダ…」「ビューティフル の話聞けて良かったなぁ ずっしりきた最近のまっすーの変化に納得した」などのコメントが上がっています。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.