完成まで270日…楽曲変更も覚悟した関ジャニ∞が挑む『キミトミタイセカイ』に号泣のファン続出! #Mステ

投稿日:2021/02/13 9:22 更新日:

2月12日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に関ジャニ∞が登場。新曲『キミトミタイセカイ』を披露し、ネット上では「号泣した」というファンの感激の声が上がっていました。

■平井の粋な対応に「ほんまおおきに!」と安田大興奮!

今回の放送では、関ジャニ∞と共にシンガソングライター・平井大さんも番組に出演しました。

安田章大さんは平井さんの大ファンだそう。

番組MCのタモリさんに話を振られた安田さんは、「はいもう、昔から聴かせていただいています」と、本人を目の前にして緊張したのか、消え入りそうな声で平井さんのファンであることを伝えていました。

様々な平井さんの楽曲を聴いていたという安田さんですが、その中でも『僕が君に出来ること』がお気に入りだそうで「歌詞がまたなんか良くて。最初の頭が良いんですよ」と、楽曲の歌い出しについて語っていました。

すると平井さんは、「なんかね、ここにギターがあるんですよ」と、自分の近くにあったギターをおもむろに手に取り弾き始めます。

これを見ていた関ジャニ∞のメンバーは、「あれー? 偶然!」「なんかやってくれるの?」「もしかして...」と、大袈裟にその場を盛り上げていきます。

平井さんがその場で披露してくれたのは、安田さんのお気に入りだという『僕が君に出来ること』。

目の前でギターの弾き語りをしてくれた平井さんに安田さんは釘付けで、フィンガースナップでテンポを刻みノリノリの様子。

ひとフレーズ歌い終わると両手を広げて大喜びし、「いやもう、ほんまおおきに!」と大興奮で、深々と平井さんに頭を下げていました。

ネット上では「良かったなぁ安くん!」「おおきに可愛い」と、安田さんの興奮した様子を温かく見守るファンの声が上がっていました。

■完成まで270日…楽曲変更も覚悟した関ジャニ∞が挑む『キミトミタイセカイ』に号泣のファン続出!

今回関ジャニ∞が披露したのは、先日発売された最新曲『キミトミタイセカイ』。

この楽曲について大倉忠義さんは、「歌いこなせるのかなぁっていうところから始まってて、もし無理なら違う曲になるかもとか」と語ります。

自分たちが歌いこなすことができなければ、楽曲変更もあるという覚悟で挑んだこの曲は、完成までに270日もの期間を有したのだそうです。

「その(練習の)時点では、全く歌えなかったんですよね」という大倉さんの言葉と共に映し出されたレコーディングの様子は、メンバー全員が自分の思うような歌唱ができずに苦戦する姿。

レコーディングの様子を観た視聴者からは、「あぁ、頑張れ...」「頑張って!!もう泣いちゃう」「こっちまで緊張する」と、苦戦しながらも絶えず歌い続けるメンバーを応援する声や、この後のパフォーマンスに対する期待の声が上がっていました。

■関ジャニ∞のハーモニーに「号泣しながら見てる」ファン続出!

お揃いのロングコートに身を包み、バックスクリーンにミュージックビデオを流しながら披露した『キミトミタイセカイ』。

高低差の激しい音程を確かめるように丁寧に歌い上げ、光の演出も相まって幻想的で開放的なステージとなりました。

全力で歌唱に挑むメンバーの姿に、ネット上では「関ジャニのハーモニー、素敵だったよおおおお」「ガチで号泣しながら見てる」「想いが伝わってくる歌声、ありがとう」と感激の声が続出。

サビ部分のメンバー全員のハーモニーが心に響き、思わず目頭を熱くしたファンが多くいたようですね。

メンバーの緊張感や空気感も含め、幸せなひと時を過ごせたのではないでしょうか。

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.