嵐・櫻井「5人で歌うんだ」発言にファン感動!広瀬香美の『Love so sweet』解説が話題に!

更新日:

5月23日に放送された「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)。今回もさまざまな企画がリモート形式で行われ、視聴者を楽しませました。中でも「隠れ家ARASHI」にゲスト出演した広瀬香美さんが、嵐の「Love so sweet」の曲を解説したことで話題を集めています。

■櫻井が毎日YouTubeを見るほど会いたかった人物とは

今回の「隠れ家ARASHI」の主人は櫻井翔さん。ゲストは櫻井さんが会いたかったという広瀬さんです。

広瀬さんは、YouTubeで他アーティストの曲分析を行い、自身でも実際に歌ってみる「歌ってみた」動画を公開し話題を集めています。

櫻井さんも、ステイホームがはじまってすぐに広瀬さんの動画を見て「度肝を抜かれた」と、広瀬さんの技術と溢れんばかりの才能を評価し、「毎日広瀬さんのYouTubeを見てる」と明らかにしました。

■櫻井「5人で歌うんだ」発言にファン感動!広瀬香美の『Love so sweet』解説が話題に!

はじめに、広瀬さんはあいみょんさんの「マリーゴールド」の曲分析と歌を披露。

そして、特別編として嵐の「Love so sweet」を披露したのです。

広瀬さんはまず「Love so sweet」を「5車線高速道路スキップソング」だと表現しました。

広瀬さんは、「この楽曲は、当たり前のことかもしれないけれど、嵐さん専用に書かれている曲なんですよ。高速道路って言ったのは、イントロは高速道路の入り口で、ハモる部分で料金所を抜け5車線になる」と解説。

さらに、音楽的に説明するとこの曲は「カンニングブレスソング」だとコメント。

「この曲はね、休符がないんですよ。何の休符もないの。Aメロからサビの部分にかけても息つぎのポイントがないの」と力説します。

櫻井さんが「じゃあどうやったらいいんだろう?」と不思議そうにすると、「だから5人で、誰かが息つぎしている間に誰かが歌っているので、休符がなくても歌える」と解説しました。

さらに、「スキップっていうのは、Aメロから全部跳ねてるじゃないですか。音楽用語でいうと音程が3度以上離れているとスキップのように感じるんですよ。スキップ=ワクワクですよね。で、Aメロでスキップを持ってきたらだいたい作曲家っていうのはサビには持ってこないんですよ。でもこの曲はサビでもまたスキップする。ずーっとスキップしてくださいっていう曲ですね」と解説。

これに櫻井さんは、「なんかゾクゾクしてきた」と感動した表情を見せます。

広瀬さんは、「私が1人で歌うとカンニングブレスできないから息切れしちゃって歌えないんですよ。1人では歌えない曲なんですよ」と力説すると、櫻井さんは「5人で歌うんだ」と感心した様子を見せていました。

■「改めて実感したけど、広瀬香美って天才だよ!」ファンの反応

この櫻井さんの発言に感動したファンが続出。「翔くんの『5人で歌うんだ』ってパワーワードすぎてやばい」「なんだろう、櫻井くんの言葉に感動しちゃった」「嵐だけに作られた嵐だけの歌。嵐5人じゃないと歌えない歌なんだね」などのコメントが多くあがっていました。

さらに、改めて広瀬さんのすごさを実感したという人も多く、「音楽用語って難しいものばかりだと思ってたけど、広瀬香美の解説がかなり分かりやすくてストンと入ってくる」「こんな音楽の先生に巡り合えてたら、音楽が大好きになっていただろうな」「改めて実感したけど、広瀬香美って天才だよ!」などのツイートが続出。

この機会に広瀬さんのYouTubeを見てみようという声も目立っていました。

今回は、広瀬さんが嵐の「Love so sweet」を誰にでも分かりやすく解説し、ファンからも「勉強になる」「今度から違う聞き方が楽しめそう」など話題を集めました。

広瀬さんのおかげで嵐の曲をまた違った角度で楽しめるようになるファンも多いのではないでしょうか。

(文:アイドル担当ライター しほり)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.