再放送なのにタイムリー!?『 #家政夫のミタゾノ 』1年前に無人ライブを取り上げていた?

更新日:

5月15日に放送された「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)。今回も新型コロナウィルス対策によって撮影スケジュールに影響が出た関係で、過去のシリーズから、2019年6月7日に放送された回が傑作選として放送されました。放送中にネット上で話題になったことをいくつかご紹介します。

■今回のあらすじは…!?

今回の舞台は、伝説的バンド・ハングリーズのボーカルを務めるケビン小須田(宇梶剛士さん)の自宅。

三田園薫(松岡昌宏さん)、村田光(伊野尾慧さん)、恩田萌(川栄李奈さん)が3人で向かいますが、小須田宅に届いたのは「次のライブをしたらケビンを殺す」という脅迫状でした。

実は、その脅迫状を送ったのはマネージャーを務めている小須田の娘。持病があるケビンに無理をしてほしくないという理由から脅迫状を送ったとミタゾノさんには明かしますが、本当の理由は別にあったのです。

■懐かしすぎる!"島茂子"

今回、ドラマの放送中に話題になったシーンがいくつかありますが、そのひとつはTOKIOのリーダー・城島茂さんが画像で登場したことです。

ハングリーズはもともとドームでライブを行う予定でしたが、脅迫状がドームへ届いたため、ドーム側からキャンセルさせてほしいと連絡が。

それでもライブを行いたいハングリーズに、三田園は「差し出がましいと思ったのですが、空いていた会場を見つけたので一応抑えておきました」と、小須田に自分のスマホを見せます。

そこには、ネットニュースのような画面で、なんと女装をした城島さんが映っていたのです。

しかも、「島茂子、腰痛で明日の国立でのライブをドタキャン!」とのタイトル付き。

しかし、実は国立競技場ではなく国立市民ホールというオチだったのです。

城島さんが女装した島茂子は「家政夫のミタゾノ」2期の主題歌を担当し、話題となった人物。

ネット上では、「まさかの島茂子の写真!(笑)」「島茂子懐かしすぎる~!」などの反応が集まっていました。

■再放送なのにタイムリー!?『家政夫のミタゾノ』1年前に無人ライブを取り上げていた?

ドラマの後半には、三田園がドラムを叩くシーンが放送されました。

見事な演奏で、これにはネット上も、「ドラマを叩くとミタゾノからTOKIO松岡に」「松岡くん、かっこよすぎでしょ…」「松岡くんのドラム本当に上手」など、大盛り上がり。

さらには、ハングリーズにファンが減ったということから、無人のライブハウスでライブ映像を撮影し、YouTubeにかけたZonoTubeに映像を投稿します。

その映像が話題になって、再生回数が増えている…とドラマでは語られていましたが、このタイムリーな話題に多くの視聴者が反応。

「無人ライブが流行ると予想してたのか…?」「これがあるから今回の放送が選ばれたのかな?」など、予想する人も続出していました。

■何回見てもファン興奮!ミタゾノは山田涼介ファン?

ドラマの最後には、伊野尾さん演じる光がアイドルになりたい、と家政婦仲間に打ち明けるシーンがありました。

ここで、三田園はさりげなくHey! Say! JUMPの山田涼介さんのコンサートうちわとペンライトを手に取ります。

わずか数秒のシーンですが、ファンは大興奮。「え?なんで山田くんのうちわ!?」「アイドルといえば山田涼介だもんね(笑)」「ここであえて伊野尾くんじゃないの面白いな(笑)」など、多くの反応が。

以前の放送時にも話題になっていたため、「またこの回を見られるなんて!」「ミタゾノさんが山田くんのうちわ持ってるシーンが大好き(笑)」など、再放送で見ることができて喜ぶファンも多くいました。

再放送とはいえ、タイムリーな話題満載でネット上に盛り上がりを与える「家政夫のミタゾノ」。

次回は2018年4月20日に放送された回です。今度はどんな話題で楽しませてくれるのか今から楽しみですね。

(文:アイドル担当ライター しほり)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.