関ジャニ∞丸山隆平の優しさあふれる演技にファン感激…中村アンをなだめるシーン話題に「ただのイケメンや」

投稿日:2021/04/28 11:01 更新日:

川口春奈さん主演のテレビドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)。4月27日放送の第2話では、丸山隆平さん演じる寺井陽人が優しすぎると話題に。また、演じた丸山さんにも称賛の声が上がっていました。

■丸山、ファンの心に直球ストライク!?

物語の主人公は、インターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカー・el Arco lrisの、広報やPR活動などを担う真柴くるみ(演・川口さん)。

くるみは、SNSのフォロワーや、密かに想いを寄せる会社の社長のために"憧れの存在"であり続けようと背伸びする"着飾る女"です。

そんなくるみは、ひょんなことから超マイペースなミニマリスト・藤野駿(演・横浜流星さん)を含む、個性豊かな4人のメンバーとルームシェアをすることに。

前回突然姿をくらました、社長の葉山祥吾(演・向井理さん)。

社長の失踪で、着飾る女で居続ける意味がなくなってしまったくるみは、目に見えて落ち込み、ルームシェアをしているメンバーも心配。

くるみが毎日欠かさず更新していたSNSも、社長の退職の熱りがおさまるまで全面停止の状態に。

そんな中、駿のはとこでオンラインカウンセラーをしている寺井陽人(演・丸山隆平さん)は、くるみが7年もの間社長のことを思い続けていたことを知り、その一途な面に少しずつ惹かれていくのでした。

意を決した陽人は、くるみを元気付けるために桜を見に行こうと誘います。

なぜ自分と桜を見にいきたいのかと問うくるみに、「もっと(くるみと)話したいから」「真柴ちゃん元気ないと気になってしゃーない」とド直球な思いを伝える陽人。

陽人の気持ちに気付いた駿は、ひっそりとその様子を伺うのですが、陽人が言葉を発するたびに「直球ストライク…」「ツーストライク…」と、その場のノリでこっそり実況を始めます。

このシーンに、ネット上では「えーー!!丸めちゃくちゃ良き良き良き!!」「はあああああストライク...!!!」「めっちゃニヤける!」「ハルちゃん私ともお花見行こうや。。。」と、視聴者が大興奮。

ファンの心に見事なストライクを決めた丸山さんだったようです。

■中村をなだめるシーン話題に「ただのイケメンや」

さらに今回は、陽人のカウンセラー力が発揮されたシーンもあり、そこにもファンの注目が集まりました。

5人のルームシェアメンバーの中でもひときわクセの強い羽瀬彩夏(演・中村アンさん)は、デリバリーのアルバイトをしながら現代アートの絵画やオブジェを作るアーティストの卵。

部屋に篭もりがちな羽瀬は同居人との関わりも少なく、他人になかなか心を開かないキャラクターでした。

そんな羽瀬ですが、自分の作品に納得がいかず感情を爆発させるシーンが。

作品をバルコニーに出し、金槌で一心不乱に破壊していく羽瀬。

「何度やっても何度やってもダメなんだ」と呟きながら作品にあたる羽瀬に迷わず近づいた陽人は、駿の用意した椅子に羽瀬を座らせ、優しく肩を抱きます。

そして背中を撫でながら「深呼吸して。うまくいかへんときは血が巡ってへんねん。深呼吸したら酸素が二倍になるから」と、羽瀬をなだめていったのです。

冷静になった羽瀬を「今日の花見、羽瀬さんも来たらええねん」と誘う陽人。

すると羽瀬は「わかった。行く」と素直にそれに応じたのでした。

一連の流れを見ていた駿は「すーげぇハルちゃん…」と、羽瀬の心を開いた陽人に見惚れていました。

ネット上では「さすがカウンセラーさん...さすがに今のは恋よ」「うわーハルちゃんに介抱されたい」「ただのイケメンや」と、陽人の優しい行動に目を惹かれた視聴者の声が上がっていました。

■丸山の優しさあふれる演技にファン感激

また、陽人を演じた丸山さんにも「マルちゃんくそ優しいんだが...」「丸ちゃんの関西弁と声のトーン完璧すぎて爆発した」「いやーこのマル本当にいい!萌える!」と、ファンからの称賛の声が並んでいました。

陽人の溢れ出る優しさに視聴者もメロメロだったようです。

関ジャニ∞のメンバーの中でもいつも優しく穏やかな印象の強い丸山さん。

そんな丸山さんにぴったりの配役で、ファンも見入ってしまったようですね。

【番組情報】
着飾る恋には理由があって
https://tver.jp/corner/f0073060

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.