ジャニーズWEST・桐山照史、突然の手繋ぎ&制服シーンにファン大混乱!空手着姿も披露で「いやこれは惚れるわ」

投稿日:2021/01/21 10:00 更新日:

ジャニーズWESTの山照史さんが主演を務めるテレビドラマ「ゲキカラドウ」(テレビ東京系)。1月20日放送の第3話では、桐山さんが回想シーンで学生時代を演じる場面があり、ネットで反響がありました。

■桐山、突然の手繋ぎ&制服シーンにファン大混乱!

食品メーカーの社員である猿川健太(演・桐山照史さん)は、その実力を認められ東京支社・営業促進室に異動することに。

そこで出会った激辛料理好きな上司や同期社員に刺激を受け、様々な激辛料理に挑戦していきます。

『激辛道=ゲキカラドウ』を追い求める猿川は、仕事が思うようにいかない日も激辛料理を通して、男としても仕事人としても少しずつ成長していくのでした。

今回の猿川の営業先は空手道場「高野会館」。

学生の頃に空手について苦い思い出のある猿川は「空手...空手だけは...」と、最初から浮かない様子です。

後輩である篠宮亮介(演・中村嶺亜(7 MEN 侍/ジャニーズJr.))にその理由を聞かれた猿川は、しぶしぶ学生時代のことを思い返します。

猿川が思い出したのは、学生服に身を包み当時の彼女と手を繋いで学校の廊下を歩くシーンでした。

そんな桐山さんの突然の手繋ぎシーンにファンは大混乱。
ネット上では「待って!!突然!!彼女出てきた!!」「え!?!?手繋いでますけど!?!?」「え!?照史くん手繋いでるやん、え!?恋...」と、心の準備ができていないと焦りが隠せないファンの声が続出していました。

また、「えっ、ちょっと待った、え...制服とかやばいんだけど...」「急な制服はダメです!!!」「31歳が制服着て可愛いって何事!?」と、学生服姿の桐山さんに感激する声も上がっていました。

■”地獄谷の麻婆豆腐”から受けた刺激に、猿川新たな決意

そんな猿川が今回食した激辛料理は、”地獄谷の麻婆豆腐”。

初めはその辛さにただただ悶絶する猿川でしたが、食べ進めていくうちに辛さの奥にある豆腐と肉の旨味に気付いていきます。

その麻婆豆腐に感化された猿川は、苦手意識のある空手にもしっかり向き合ってみようと考え、空手道場に入門することを決意。

空手の道着を着用し、ランニングをしたり道場の雑巾掛けをする猿川。

空手の型や瓦割りにも真面目に取り組み、徐々に高野会館の館長である大山田(演・麿赤兒さん)の心を掴んでいきます。

■空手着姿も披露で「いやこれは惚れるわ」

このシーンにもネット上でファンは大興奮。

「道着姿イケメンか」「待ってカッコいい無理だ最高だ」「どちゃくそかっこいい。。すげぇ。。」と、普段は見ることのない桐山さんの道着姿にファンは感動を抑えきれない様子。

また、一心不乱に空手の稽古に打ち込む桐山さんに「照史くん武道似合うね、、、」「空手やる猿川くんかっこよかった」「いやこれは惚れるわ」と惚れ惚れしているファンの声も上がっていました。

今回は桐山さんの激辛グルメに挑む姿だけでなく、制服姿や空手着姿も見ることができ、ファンにとってはさらに貴重な回となったようですね。

【番組情報】
ドラマホリック! ゲキカラドウ
https://tver.jp/corner/f0065839

(文:椎七みつばち)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.