「次のライブがベストシーンであって欲しい」嵐・松本潤の演出家としての名言に賞賛の声!

更新日:

7月29日放送の「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)2時間SPでは、嵐の松本潤さんがゲスト出演。嵐のライブ演出を担当する松本さん、演出に関する哲学を語り、話題を集めました。

■松本が中居に相談していたことを明かす

嵐のコンサートではお馴染みの無線制御によるペンライトの演出について、質問を受けた松本さん。

「ジャニーズのコンサートって最前列の人もスタンドの一番後ろの人も、同じ金額なんですね、チケット代が。A席とかB席無いんで、全部一律なんですね」と均一のチケット代金について言及。

続けて、「前で観た方がやっぱ楽しいじゃんとか、後ろの席で観たら損だよとか思って欲しくないなと思っていて。一番客席込みのステージを観れるお客さんって、一番上の人になるから、一番上の人がこの全体像を観ててもて面白い表現方法って何だろうっていうのがありますね」とコメント。

どの座席でも楽しめるライブ演出を模索していた松本さんが参考にしたのが、海外アーティストの演出。

松本さんは、「僕らの場合は1年目からただ一色に光るとかじゃなくて…。ブロック制御するのをやりたくて」と、客席のブロックごとにペンライトを色変え。

そして、単色ではなくメンバーからの5色を可能にするなど、海外アーティストのライブ演出を参考にしつつ、それを嵐流に進化させたのが無線制御によるペンライトの演出だと明かします。

また、松本さんは「あるタイミングで中居(正広)くんにもドームでライブを始めてやるっていう話をした時に、中居くんが司会をされていた番組に出せてもらった時に、なんかそんな話を聞いて、そん時にもすごく強くそれを感じて…。だからいまだに会場入ると、一番最後尾の一番離れてる正面の客席とかどれぐらいの角度でどう見えてんのとか、見るようにしてますね」と、中居さんのアドバイスも胸に刻んでいるとのこと。

■「次のライブがベストシーンであって欲しい」松本の演出家としての名言に賞賛の声!

話題が変わり、「最も忘れられないシーン」を尋ねると、松本さんは言葉を選びながら、「ないっていうのは嘘だね。ベストシーンって言われるとやっぱり、次のライブがベストシーンであって欲しいと思っちゃうし」とコメント。

続けて、「次にライブをやった時に、『いやピークは20周年のライブだ』って言われるのはづごい嫌じゃないですか、やっぱり。精神的な部分というか、気持ち的な部分でも、やっぱり『今年のそれ(ライブ)が観れて良かったよね』とかって言ってほしいし。言われるように自分達も準備しなきゃいけないと思うから」と、常に最高のものを観せたいと演出家としての哲学を語りました。

今回の放送にはネット上で、「何回みても涙出るし、『次のライブがベストシーン』ていう潤くんの言葉がかっこよすぎてもう、きっと今年のライブも1年かけて作り上げてくれたんだろうなぁどんな形でも観たいよ」「次のライブがベストシーン!この言葉がどれほど嬉しいことか」「『次のライブがベストシーン』ってほんとに泣く」などのコメントが上がっています。

松本さんの「次のライブがベストシーン」という言葉は、常にファンに最高のパフォーマンスを提供したいという演出家としての哲学を感じさせるもので、素晴らしかったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.