A.B.C-Z・河合郁人「大事なアピールなんですよ」ジャニーズJr.時代にアピール上手だったのは?

投稿日:2021/05/06 10:49 更新日:

「そのネタ、ネタにしていいですか?」(フジテレビ系)では、お笑いトリオ・ジャングルポケットがジャニーズ事務所所属のタレント御用達のダンススタジオを訪問。その様子が話題を集めました。

■ジャングルポケットがA.B.C-Zを取材

今回、ジャングルポケットが取材に訪れたのは、ジャニーズ事務所所属のタレント御用達のダンススタジオ。

訪問したジャングルポケットをA.B.C-Zのメンバーが出迎えました。

A.B.C-Zメンバーが挨拶代わりに華麗なダンスを披露すると、太田博久さんは「ちょっと待ってくださいよ、ジャニーズじゃないですか!」と感嘆の声をあげます。

続けて、太田さんが「どれぐらいで覚えたりするんですか?」と尋ねると、河合郁人さんは「2時間あれば…。Jr.の時だったら多分10曲とか覚えますよ」とコメント。

また、塚田僚一さんも「全然普通にね、覚えちゃいます」と、すぐに覚える事を伝えると、太田さんは「斉藤(慎二)さんがいきなり踊りだしてみたいなのあるじゃないっすか。あんなのも見て覚えられるもんなんすか?」と問いかけます。

この流れで、斉藤慎二さんが自己流のダンスを披露。

この踊りもA.B.C-Zメンバーは一瞬で覚え、改めてジャニーズのすごさを見せつけました。

■河合「大事なアピールなんですよ」ジャニーズJr.時代にアピール上手だったのは?

A.B.C-Zの実力が分かったタイミングで取材がスタート。

太田さんが「そういうしのぎを削り合ってるJr.って何人ぐらいいるんですか?」と質問。

A.B.C-Zメンバーからは、「何百人っているんじゃないっすか」との返答が。

また、アピール方法を尋ねると、河合さんは「2人チームの先輩とかだと、位置が真ん中に入れたらめちゃめちゃ映るじゃないですか。その時に上手くすり抜けてたのがキスマイの北山です。北山、上手かったですよ。大事なアピールなんですよ」と、Kis-My-Ft2・北山宏光さんはアピール上手だった事を明かします。

続けて、Jr.時代のキツかった思い出を聞かれると、塚田さんは「Jr.の時って、人数がすごく多くて、だから荷物の置き場所とか困る」と答えると、ジャングルポケットの3人は声を合わせて「そういう事じゃない」とツッコミを入れていました。

■河合がジャニーズJr.時代の秘話を明かす

トークが盛り上がってきたタイミングで、河合さんは「昔、Jr.の時に、入って1年目ぐらい、それこそまだレッスン生だったんすけど…。ジャニー(喜多川)さんにも知ってもらってなくて、ジャージと上のジップのパーカー着てたんですけど、中のTシャツ忘れちゃって」と過去の記憶を振り返ります。

続けて、河合さんは「裸にジップのパーカーこう閉めて踊ってんたです。そしたらジャニーさん近づいてきて『YOU、Tシャツ着てないでしょでしょ? 開けちゃいなよ』って言われて。で、開けてはだけたまんま、100人ぐらいの中でレッスンしたんです。で、その後にA.B.C-Zっていうグループができたりとか」と明かしていました。

今回の放送にはネット上で、「北山は先輩の間に入ってアピールするのうまかった笑」「河合〜、北山の名前出してくれてありがとな!」「ボーッとテレビ流してたらエビさんが北山さんはバックにつく時、さりげなく先輩と先輩の間に入ってカメラに映るようにアピールするのが上手かったって褒めてて嬉しくなっちゃった」などのコメントが上がっています。

ジャニーズJr.は何百人もいる事もあり、アピールが大事というエピソードが印象的でした。

【番組情報】
そのネタ、ネタにしていいですか?
https://tver.jp/corner/f0073412

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.