ハラミちゃん、『TEPPEN』出場でYouTubeがバグる!?「一日でウン万人上がってしまって…」

投稿日:2022/11/15 19:31 更新日:

11月13日放送の「ハラミちゃんのハラミファソRadio♪」(JFM系)では、ゲストに音楽プロデューサーの今井了介さんを迎えトーク。バラエティ番組「芸能界特技王決定戦TEPPEN」(フジテレビ系)の裏話を語り、注目を集めています。

ハラミちゃん

■ハラミちゃん、『TEPPEN』出場でYouTubeがバグる?「一日でウン万人上がってしまって…」

ハラミちゃんが「TEPPEN」に出演したのは2020年秋、2021年冬の2回。

YouTuberが同番組に出演するのは、ハラミちゃんが初だったそう。

ピアノ対決でハラミちゃんは2回とも優勝し、殿堂入りを果たしました。

今井さんが「あれ結構反響はやっぱあるんでしょ?」と聞くと、ハラミちゃんは「私、実はですね、『TEPPEN』の日、日本で一番登録者伸びたんです」と、YouTubeチャンネルの登録者数伸び率が日本一を記録したことを明かします。

「一日でウン万人上がってしまって、YouTubeのカウントが間に合わなくてバグってしまったぐらい物凄い反響で」と、「TEPPEN」出演の反響で登録者数がとんでもないことになったそう。

そして、「今こうやって皆さんYouTuberが出て、自分のYouTubeの登録者も増えたりとか、そこでファンが増えてみたいな流れって…」と続けるハラミちゃん。

すると、今井さんから「あたしが作ったのかなみたいな」とツッコミが。

ハラミちゃんは慌てて、「いや違う違う違う!」「クソ自惚れ野郎みたいになっちゃった」と否定します。

ハラミちゃんとしては、あくまでもYouTuberがテレビに出て活躍し登録者数が増えるという「その流れが嬉しい」とのこと。

今井さんも「確かにその流れ来ましたよね」とうなずきます。

■ハラミちゃん、ストリートピアノは「アマチュアとプロの間」

ここで、今井さんが「YouTubeのピアノ弾く人たちの中で、そういうコンペティションていうか、いわゆるそういう対決みたいなのってないですよね。あるの?」と質問。

ハラミちゃんによると「全然なくて」とのこと。

たとえば「ショパン国際コンクール」など伝統的なピアノコンクールは昔からあるものの、「TEPPEN」のようなYouTuberとして対決するコンペティションはないそう。

また、ストリートピアノについて、ハラミちゃんは「アマチュアとプロの間というか」「完全めっちゃプロフェッショナルでもなく、もっと親近感があって、ていう方がたくさんピアノを楽しむ場」と語ります。

今井さんが「ストリートピアノの良さって、クラシックに寄りすぎてない所がすごくいいと思う」とコメントすると、ハラミちゃんは、「楽しいとか個性とかがストリートピアノの世界って重視されている分、それがある意味点数化した時とか、勝負になった時に、じゃあどういう評価をされるんだろうって、(視聴者も)逆に気になってると思うんですよ」と「TEPPEN」の面白さを分析。

そして「そこがYouTube観てる層も楽しめるし、テレビ観てる層も『あ、YouTube観てみようかな』ってなって、すごいこうインタラクティブというか、なんかどっちにも面白い作用が」起きていると語りました。

■ハラミちゃんの「TEPPEN」トークにリスナー「記憶が鮮明に蘇る」

番組では、ハラミちゃんが「TEPPEN」で披露した「キューティーハニー」ピアノバージョンの生演奏も披露。

今週の放送に対し、ネット上では「TEPPENの記憶が鮮明に甦るなー」「TEPPENの話、楽しい」「深掘りしたお話の内容が楽しい」との声が上がっています。

ハラミちゃん自身は謙遜していましたが、ハラミちゃんがYouTuberとストリートピアノのパイオニアであることは間違いないですね。

【番組情報】
ハラミちゃんのハラミファソRadio♪
https://audee.jp/program/show/54621

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.