泣ける…堂本剛「凄い力をくれる」母親の手作り弁当を現場に持ち込んでいた

投稿日:2022/11/07 17:40 更新日:

11月5日に放送された『堂本剛とFashion&Music Book』(bayfm78)では、剛さんが自身の“思い出ご飯”について語る場面がありました。

ジャニーズ

(画像:時事通信フォト)

■堂本剛、食べ物を通して亡き祖父母を想う

今回番組では、テーマ「秋の思い出ご飯」について書かれたリスナーからのメッセージを紹介しました。

家族と食べる餅の話、妻と食べた栗ご飯の話、祖母が作ったかぼちゃの煮物の話などを聞いた剛さん。

「この記憶には大切な人の存在もあって…」と言うと、亡くなった祖父がいちぢくとびわ、祖母がおはぎを好きだったことを明かし、自身はこれらを食べる時に祖父母を思い出しているという話をします。

また料理となると、各家庭の味が出るものだとして、「僕自身も、おじいちゃんにお母さんが作ってあげてたご飯とか、それは僕自身も好きだから、味を覚えてそれを作れるようになったりしてる」と言って、家の味を受け継いでいるとし、「またそれを食べる時も、おじいちゃんと一緒に食べてるような気持ちで食べてたりしている」とコメント。

食べ物を通して、大切な人を思い出すこともしばしばあるとのことでした。

■泣ける…堂本剛「凄い力をくれる」母親の手作り弁当を現場に持ち込んでいた

そんな思い出ご飯の話から、剛さんは「お母さんが作ってくれるお弁当、美味しかってんなぁっていうのがあって、もう5年前くらいになるけど、お母さんにわざとお弁当作って貰った時あったもんね」と告白します。

もちろん、現場にはお弁当が用意されており、そのお弁当も美味しいそうですが、自身の身体のことも考えて、その時は「ちょっとお母さん、時間ある時、お弁当を作って」とお願いして、あえて母親の手作り弁当を現場に持って行っていたのだそう。

また、「お母さんが作ってくれたご飯をあとどれぐらい食べられるのかなとかも思った」ことからお願いしたという理由もあったのだとか。

そんな母親の手作り弁当は「すごく力が漲った」とのこと。

剛さんは、弁当屋さんが作ってくれた弁当も同じ効果はあり、「生産者さんたちの見えない表情とか努力とか想いとか感じ取りながら、それもまた元気に繋がる」としつつも、「やっぱり、自分の家族が作ってくれる弁当は全然違うもんね。別物っていうか凄い力をくれる」とコメント。

そして、「凄いなんか…癒されるしね、あったかい気持ちになるというか…」と言って、母親の手作り弁当が剛さんをサポートしてくれた時期があったことを明かしました。

この話にネット上では、「素敵なエピソード」「とても暖かいお話だったなぁ」「剛くんのお母さんのお弁当、愛がいっぱい詰まってるんだろうな…」「作ってもらうという発想はなかった。これは真似したい」といった声があがっていました。

剛さんの話を聞いて、ほっこりした方が多かったようです。

また、自分の母親が作ってくれていたご飯やお弁当を思い出し、“母の味”が恋しくなった方もいたのではないでしょうか。

【番組情報】
堂本剛とFashion&Music Book
https://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20221105220000

(文:ジョブリナ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.