『もののけ姫』でサンの声演じた石田ゆり子「すごい毎年辛い」放送のたびに一部で批判の声

投稿日:2022/08/24 17:16 更新日:

毎週火曜日深夜1時から放送のラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。8月23日の放送では、ゲストで登場した石田ゆり子さんが声優の難しさを語り、話題となりました。

石田ゆり子

(画像:時事)

■石田、『もののけ姫』の声優を回顧「穴があったら入りたい」

今回、安元洋貴さん、種﨑敦美さんと共にゲスト出演した石田さん。

星野さんとの楽しいトークが進む中、種﨑さんが「私、石田ゆり子さんの声、だーいすきで」と切り出します。

種﨑さんのベタ褒めに、石田さんはスタジオジブリ作品「もののけ姫」(1997年)で、サンの声を担当したことを回顧。

「あれはもう…放送される度に、穴があったら入りたい」と、自身の心境を明かしました。

■『もののけ姫』でサンの声演じた石田ゆり子「すごい毎年辛い」放送のたびに一部で批判の声

当時27歳だったという石田さんは、自分の声を聞いて「なんて下手なんだろう」と思うこともあるそうですが、「そう思うことが、役に対して失礼っていうのもあるから。自分に対してあまり何も言わないようにしてる」のだそう。

しかし、ネット上で「石田ゆり子、下手下手!」という感想を目にしてしまうそうで、「すごい毎年辛いんです。だから声優さんってすごい技術だなって思って」と語ります。

ここで、星野さんも「気持ちは非常にわかります」と同意し、自身も声優が「下手」と言われて切ない気持ちになったことがあると告白。

すると、静かに聞いていた安元さんが「絶ッ対、気にしなくていいです!」と声を上げました。

■「絶対にそこを信じて」安元の意見に「さすが!」の声

安元さんは、「選ばれたわけだし、監督とかディレクターがOKって言ってるんだから、僕は絶対にそこを信じて。たとえ自分がしくじったかもと思っても、OKって言って下さった人を信じて、胸を張るようにしています」とコメント。

最後に「絶対大丈夫」と念を押すと、星野さんも「そうですね。まず、オファーしてくださってるんだからっていうのがね」と、励まされたようでした。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「ええっ!もののけ姫のゆり子さんすごく良かったよ」「そうだよ!下手じゃない!安元さん、さすが!!!」「声優さんの魅力は上手い下手の技術だけじゃないよね。ゆりちゃんも星野さんも、まず声が超魅力的だもの」などの声が上がっています。

また、「もののけ姫ってゆり子さんが声優されてるの?!」「今知りました!」など、新たな発見があったリスナーもいたよう。

石田さんと星野さんの不安を、「絶ッ対、気にしなくていい」と断言した安元さんはさすがだったのではないでしょうか。

【番組情報】
星野源のオールナイトニッポン
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20220824010000

(文:藤峰あき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.