"あざとくて"コラボなのに山里亮太は表紙非掲載!田中みな実、弘中綾香アナ…「俺がいないの」悔しさ滲ませる

投稿日:2021/06/24 14:49 更新日:

毎週水曜日深夜1時から放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」。6月23日の放送では、雑誌「GINGER」でディーン・フジオカさんと共演した時を振り返り、話題となりました。

(画像:時事)

■"あざとくて"コラボなのに山里は表紙非掲載!田中、弘中アナ…「俺がいないの」悔しさ滲ませる


「GINGER」8月号で、「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)とのコラボが実現。

ディーン・フジオカさん、田中みな実さん、弘中綾香アナウンサーの3人が表紙を飾っています。

これについて、「驚いたね。表紙、俺がいないの」と嘆く山里さん。

「俺も最初は、『俺、メガネ外したらこんな風に見えるんだ』って一瞬思い込もうと思ったけど、明らかに人間が違い過ぎてね」とコメントし、笑いを誘いました。

■「もし嫌じゃなかったら…」山里、ディーン・フジオカの優しさに感動

表紙にはいないものの、中を開くと、山里さんとディーン・フジオカさんの写真が出てくるのだとか。

山里さんは、ディーン・フジオカさんについて「いい人だったよ~」と撮影当時をしみじみ振り返ります。

「ポーズの引き出しなんかピースぐらいしかない」というほど撮影に不慣れな山里さんの横で、山里さんに合せてどんどんポーズを決めていくディーン・フジオカさん。

さらに「山里さん、もし嫌じゃなかったら、僕の肩に肘を乗っけてもらえますか?」と提案してくれたそうで、山里さんは「肘を乗っけさせてもらったりしてさ」と恐縮しながらも嬉しそうに語りました。

■「グッチの広告とかなれますよ」にツッコミ炸裂!?

その後、一人ずつでの撮影に移ったという山里さん。

カメラマンやスタッフからは「カッコいいです」と何度も褒められたそうですが、山里さんは「そりゃいいスーツ着させてもらって、超一流のカメラマン。いいかもしれないけど…素材がもうダメなんだから。それをどんなに高級なパイ生地で包もうが、高級な香辛料をかけようが…泥の棒なんだから」とネガティブに捉えていたと明かし、周囲を笑わせます。

さらに、スタッフは「このまま、グッチの広告とかなれますよ」と褒め続けてくれたとのこと。

山里さんは「なれるわけねーじゃん! グッチっていっても、裕三の方ならわかるよ? グッチさん、六本木でお店やってたから。いやそれも無理だよ!」と自虐的なツッコミを入れ続け、さらに笑いを誘いました。

■「GINGER」×「あざとくて何が悪いの?」は必見!

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「ボスはスーツ着こなしてて、様になってたと思うけどなぁ」「泥の棒は卑下しすぎよ笑」「表紙からハブられたボス」などの声が上がりました。

慣れない撮影環境での苦悩を語ってくれた山里さん。山里さんの他の写真も、チェックしてみたくなったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
JUNK 山里亮太の不毛な議論
https://radiko.jp/#!/ts/TBS/20210624010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.