山里亮太、CreepyNutsが"若林派"になることを危惧?作戦が裏目に「会わずにミステリアスにしていれば…」

更新日:

毎週水曜日深夜1時から放送のTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」。9月9日の放送では、山里さんが、HIP-HOPユニット・Creepy NutsのR-指定さんを食事に誘わない理由を明かし、話題となりました。

(画像:時事通信フォト)

■山里「若林と同じ目線で、俺をちょっと下に見だしてる」DJ松永に意見!?

今週の放送では、"たりないふたり"としてユニットを組んでいるオードリー・若林正恭さんが、「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)にゲスト出演したことを振り返った山里さん。

Creepy NutsのDJ松永さんとR-指定さんは、「たりないふたり」という楽曲を制作するほど、2人の大ファン。

特に、DJ松永さんは、若林さんの事を心から敬愛する"若林派"であり、プライベートでも定期的に会っているそう。

このラジオ中、DJ松永さんが若林さんを好きすぎるあまり、山里さんに対して攻撃的な発言があったそうで、山里さんは「『たりないふたり』のファン、というよりも、若林の仲間となって、若林の目線で、俺をちょっと下に見だしてる。絶対」とコメントし、笑いを誘いました。

■山里、CreepyNutsが"若林派"になることを危惧?作戦が裏目に「会わずにミステリアスにしていれば…」

続けて、「その中で、気まずそうにしてるのが、R-指定」とコメントした山里さん。

「不毛な議論」のリスナーでもあり、"山里派"のR-指定さんですが、山里さんとの交流はほぼ無いそう。そのため、ラジオ中に山里さんとのエピソードトークが出来なかったそうです。

山里さんは、R-指定さんを食事に誘わない理由として「ガッカリされたらどうしよう…」「俺の"アラ"がめっちゃ見えた時、どうなるか。Creepy Nuts2人共、"若林派"になってしまう可能性がある」と説明。

そのうえで、「だから、会わずにミステリアスにしていれば、まだR-指定は、俺の事をすごいと思うんじゃないか」と期待していたそうですが、「(距離を)取りすぎて、R-指定が自然と離れそうになっている」と状況を振り返り、周囲は大笑い。

最後は、9月10日に誕生日を迎えたR-指定さんに「R-指定、誕生日おめでとう」とお祝いの言葉を贈り、Creepy Nutsの楽曲「たりないふたり」が流れました。

■素直に距離を詰められない山里に「もっとRさんのこと構って」の声

ネット上では、番組を聞いたリスナーから、「アラが見えたって良いじゃない…山里亮太は天才なんだから!」「Rさんのお誕生日をさらっとお祝いしただけじゃ回収できませんぜボス笑」「ボス、もっとRさんのこと構ってあげてよー」などの声が上がりました。

これをきっかけに、R-指定さんとプライベートでも交流して欲しいと思ったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
JUNK 山里亮太の不毛な議論
http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20200910010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.