アインシュタイン河井のドヤ顔に食いつき!?自宅のソーダストリーム紹介を和牛にいじられる

更新日:

お笑いコンビ・和牛の水田信二さん、川西賢志郎さんがパーソナリティを務める毎週水曜日深夜放送のラジオ番組「和牛のモーモーラジオ」(文化放送)。7月15日放送では、リスナーのメッセージから、和牛の2人がアインシュタインの河井ゆずるさんをいじり始める場面がありした。

(画像:時事)

■河井のドヤ顔に食いつき!?自宅のソーダストリーム紹介を和牛にいじられる

番組後半、「アインシュタインの河井さんが自宅にあるソーダストリームをドヤ顔で紹介されていて、とても興味が沸きました」という一文が入ったメッセージを紹介。

ソーダストリームとは、自宅で炭酸水を作ることできるソーダメーカー。

ソーダストリームの話題に入る前に水田さんは、「そうか…そんなにドヤ顔だったんですかねぇ」と、まず、河井さんがドヤ顔だったという点に食いつき「まぁ河井やったらあり得るか…」と納得します。

川西さんが、アインシュタインは今年の4月に大阪から東京へ活動拠点を移しているので、上京の模様を追いかけたテレビの取材などの中で紹介したのではないか、と補足すると水田さんは「ドヤ顔でな? ドヤ顔紹介…」と、あえてドヤ顔を強調。

しまいには、「『河井のドヤ! この部屋』っていうコーナーでもあったんかねぇ」と、いじり始める水田さんでした。

■川西「河井といえば、難波のバーあがり」

一方で川西さんはドヤ顔には触れず、そのまま進行、するのかと思いきや、「あと、まぁ河井くんも元々、バーあがりやん、あの子は…」「河井といえば、難波のバーあがりやから」とコメント。

河井さんがバーで働いていたことを"バーあがり"と呼ぶことで、どこかいじる形に。

その後、河井さんはバーで働いていたことがあるから、お酒の飲み方に拘りがあって、ソーダストリームも使用しているのだろうという話になり、「多分このボトルは炭酸強、このボトルは炭酸中みたいなのが、自分の中であるやん」と、ソーダストリームは炭酸の強弱を自分で決められることから、河井さんなら炭酸の強弱をわけたボトルを作っているだろうと想像する水田さん。

「さすがやね~」と感心しますが「ドヤボトルに入れてるんやろね~」と勝手にドヤボトルと名付けて、最後までドヤを強調。

メッセージの中の一文から、河井さんが和牛の2人からじわじわといじられる場面なりました。

■和牛の河井いじりに、「もらい事故」の声

この話にリスナーはネット上で、「どや顔の河井さんをめちゃめちゃ強調されてて笑った」「バーあがり(笑)の河井さんのことをちょいちょい弄ってる2人良い。笑」「ソーダストリームでゆずるさん、もらい事故。笑」などと反応。

河井さんをいじる和牛の2人に笑ってしまったリスナーが多かった様子。

いじるのを何気なく楽しんでいるのが伝わってきて和んだ方が多かったようです。

河井さんに加え、和牛の2人も持っているというソーダストリーム、気になってしまったという方も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
和牛のモーモーラジオ
http://radiko.jp/#!/ts/QRR/20200716020000

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.