嵐、本番中にキス…アニキを守るKAT-TUN・上田にファン大興奮 #VS嵐3時間スペシャル が話題

更新日:

11月14日に放送された「VS嵐」(フジテレビ系)は、豪華3時間スペシャル。前回の嵐メンバーによるドラフト会議で決められた5つのチームで、対戦が行われました。

「岸くん本当にバラエティー向きだな」そのやりとりとは?

チーム編成は、嵐のメンバーごとに5チームで、1チーム3人のメンバー構成になっています。

大野智さん率いる「チーム大野」は、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧さん、平成ノブシコブシの吉村崇さん。

松本潤さんが率いる「チーム松本」は、King & Princeの岸優太さん、ミキの亜生さん。

櫻井翔さんが率いる「チーム櫻井」は、KAT-TUNの上田竜也さん、NON STYLEの井上裕介さん。

相葉雅紀さんが率いる「チーム相葉」は、V6の三宅健さん、狩野英孝さん。

そして二宮和也さんが率いる「チーム二宮」は、NEWSの増田貴久さん、アンタッチャブルの山崎弘也さんとなっています。

このチーム編成で、初代「Mr.VS嵐」を決めるべく、様々な対決を行いました。

ピンボールランナー対決で、チーム櫻井とチーム松本の対戦の時のこと。ランナーは上田さんと岸さんの対決でした。

周りからは「どっちが先輩(櫻井さんと松本さん)を慕っているか対決」との声が飛びますが、上田さんは「絶対あいつ(岸さんは松本山を)想ってないですよ」とコメント。

すると岸さんは「想ってます! 想ってます!」と焦りながら発言。

近くにいた三宅さんがふいに、「尊敬する先輩は?」と訊くと、岸さんは気まずそうに「堂本光一くんです」と言い、会場に笑いを起こしていました。

ファンからは、ネット上で、「岸くん本当にバラエティー向きだな」「先輩から愛されているのが分かるね」「めちゃくちゃおいしくいじられてる(笑)」といった声があがっていました。

嵐、本番中にキス…アニキを守るKAT-TUN・上田にファン大興奮

今回の対決の中で、ファンが特に興奮したのが、ジャニーズメンバーの「キス芸」。

「キス芸」はご存知、ダチョウ倶楽部・上島竜兵さんの持ちネタ。はじめに相葉さんと三宅さんが披露。プロの芸人である狩野さんがタジタジするほど、完璧な流れでした。

ネット上では、「めちゃくちゃ絵になるキス芸(笑)」「最高すぎる!」との声が。

さらには、櫻井さんが井上さんに喧嘩をふっかけ「キス芸」をしかけていきます。しかし、それを阻止したのは上田さん。

アニキを守る行動に、ネット上に、「待ってました!この流れ(笑)」「上田くんと翔くんのキス芸が見たい」というファンの希望の声も。

また、伊野尾さんのファンの間では、今回の対決中に伊野尾さんと吉村さんがキス芸をすると噂されていましたが、その部分はカットされたそう。

ネット上には、「伊野ちゃんのキスシーンは?」「えー!めっちゃ楽しみにしてたのに」という残念がる声も多くあがっていました。

注目のBABA嵐!勝利したのは誰?

5チーム対決の中盤で行われたのは、「VS嵐」スペシャル恒例の「BABA嵐」。

今回は何と6年ぶりとなる嵐5人での対決となり、放送前からTwitterのトレンドワードに入るほど注目を集めていました。

現在最弱王となっている相葉さんが勝ち抜くことができるのか、どんな戦いになるのか、目が離せない対決が行われました。

まず1位抜けしたのは櫻井さん。続いて2位に大野さん、3位に相葉さんが抜けました。

最後に松本さんと二宮さんの戦いとなりましたが、負けてしまったのは二宮さん。

二宮さんは、相葉さんがずっと持っていたジョーカーを6回連続避けるなど「さすがゲーマー、ニノ!」「ニノすごすぎ」と言う声がネットでも多くあがっていただけに、「え?ニノが負けたの?」「めっちゃ意外な結末じゃん…!」とファンも驚く展開に。

二宮さんは最後、「相葉さんのジョーカーが分かってて。逆にあれを取ってシャッフルボタンを踏めばよかった」と具体的な反省をしていました。

これにはネット上でも、「ニノがめっちゃ悔しがってる(笑)」「ゲーム系で負けるのは嫌だっただろうな~」と言った声が続出していました。

今回の対決で見事勝利したのは、チーム櫻井でした。上田さんの”アニキ”に対する愛もすごかったのではないでしょうか。見どころ満載だった今回のスペシャル。定期的に行ってほしいと思う方も多かったようです。

(文:アイドル担当ライター しほり)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.