登坂広臣「歌やめよっかなって思うぐらい」MISIAの歌声に衝撃!あまりの"完璧さ"に打ちのめされる?

投稿日:2021/05/15 10:42 更新日:

5月14日放送の「MUSIC BLOOD」(日本テレビ系)では、ソロアーティスト名義・ØMIとしても活動する 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・登坂広臣さんがゲストとして登場。登坂さんは、宇多田ヒカルさん、MISIAさんへのリスペクトを語り、話題を集めました。

(画像:時事)

■登坂が衝撃を受けた歌姫とは?

登坂さんは、ラジオで流れる洋楽をテープで聴くのが楽しみだったとのこと。

J-POPよりも洋楽に親しんでいた登坂さんですが、ある日、録音したテープから流れてきた2人の日本人アーティストの歌声に耳を奪われます。

登坂さんが衝撃を受けたのは、宇多田ヒカルさんの「Automatic」とMISIAさんの「つつみ込むように…」。

まだ宇多田さんとMISIAさんの存在を知らなかったという登坂さんは、「洋楽が流れてる中の流れでその2曲が入ってたんですけど。知らないまま音楽で聴いたんで、すごく衝撃的でしたね」と当時の記憶を振り返ります。

また、「宇多田さんもMISIAさんもアメリカのサウンド…ヒップホップとかR&Bみたいな要素がすごく強い楽曲を日本語でやるっていうのがすごく難しくて、英語って『Just』とかハネるんです言葉が。で、ああいう曲にのせるとよく言うグルーヴみたいのがあって、 体が自然とこうやって乗っちゃう感じがあるんですけど」とコメント。

「日本語ってすごく言葉が、母音とかがしっかりしてるので、USの音楽に乗せると平たく聞こえちゃうんですよね。それを日本語の言葉でグルーヴ感出せるっていうのがやっぱすごいなって」と、アーティスト目線で宇多田さんとMISIAさんのすごさを力説しました。

■登坂「歌やめよっかなって思うぐらい」MISIAの歌声に衝撃!あまりの"完璧さ"に打ちのめされる?

また、登坂さんはMISIAさんが昨年出演した中国の歌番組について、「この歌唱の動画は歌やめよっかなって思うぐらい…。本当になんか死にたくなりますね」とその歌声に感動した事を打ち明けます。

ここで、中国の歌番組でMISIAさんが名曲「逢いたくていま」を熱唱する様子がVTRで流れると、登坂さんは興奮気味に「ヤバいですね!」とコメント。

続けて、「全部が完璧なんです。単純に言ったら音程だったりとか、リズムとか、あと感情の入れ方とか体の全部が鳴ってる。楽器として全部が鳴ってて全部が自分の思った通りにコントロールし尽くしてるっていうのがとてつもない事だなって思っちゃいますね」とMISIAさんの素晴らしい歌声を大絶賛していました。

今回の放送にはネット上で、「登坂広臣に褒められる宇多田ヒカルとMISIAすげーな」「登坂広臣の音楽活動の中には宇多田ヒカル&MISIAの音楽があるとはね!!」「臣ちゃんはMISIAさんの歌声に衝撃受けたって言ってたけど、私は登坂広臣の歌声を初めて聴いた時はほんとに衝撃受けたんだからね!!!君の歌声を求めてる人が沢山いるんだからずっと歌い続けて欲しいな」などのコメントが上がっています。

登坂さんが同じアーティスト目線として宇多田さん、MISIAさんのすごさを語るのが印象的でした。

また、登坂さんが宇多田さんとMISIAさんについて話す時のトーンが熱く、本当に音楽が好きなんだと伝わってきたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.