吉永小百合「どうにもならないぐらい辛かった」親友・樹木希林と交わした最後の会話

投稿日:2021/05/15 10:26 更新日:

5月14日放送の「A-Studio+」(TBS系)では、ゲストとして女優の吉永小百合さんが登場。吉永さんは親友の樹木希林さんについて語り、話題を集めました。

■吉永が「A-Studio+」に登場

今回のゲストは5月21日公開予定の映画「いのちの停車場」主演の吉永さん。

そんな吉永さんが生前親しくしていたのが、樹木さん。

そこで、今回は番組MCの笑福亭鶴瓶さんとKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが、樹木さんの娘・内田也哉子さんを取材。

藤ヶ谷さんが、「うちの母とタイプが違うけど、なんか仲いいって」と、内田さんの話を伝えると、吉永さんは「やっぱ生きていく道みたいなもので、納得できる希林さんの生き方っていうのはね。潔い素晴らしいっていうところで憧れるっていうか」とコメント。

さらに、鶴瓶さんが内田さんの「おこがましいけども、第2の母や思うてる言うて」という言葉を紹介すると、吉永さんは「也哉ちゃんが生まれる前からですからね。でもそのあとね、随分希林さんの家族とうちの家族でお食事会したりそういうことをしてきたんで」と、樹木さんと思い出を振り返りました。

■吉永「どうにもならないぐらい辛かった」親友・樹木と交わした最後の会話

ここで、鶴瓶さんは「あるふぐ屋さんに行って、でも、希林さんは人におごってもらうのがあんまり好きやないんです。せやけど、吉永さんには絶対おごってもらわなアカンと。そうでしょ?」と話を振ります。

すると、吉永さんは「そうもう絶対、でも最後におごってもらったんですよ。本当の最後。ランチだったんですけどね、そろそろ時間できる? って言って大丈夫よって言ったら、一緒にランチね、希林さんがオーナーになっている西麻布にレストランがあって、そこに行きましょうって言って」とコメント。

続けて、吉永さんは「お食事して、実は私の体、今こうなってるって。で、PETの画像を見せられて、どうにもならないぐらい辛かったんですけど、送っていくわって家まで送ってくれて、それからお会いしてない。亡くなった時はね、会いに行きましたけども」と、この時が樹木さんとの最後の会話になった事を明かします。

また、吉永さんは「だからそういうことを私に知らせたかったのと。そのお店に食事に行った時にね、そろそろねその前のことですけど、2人でねちゃんとしたものやろうよって言ってくださってたんですよ。だけどそれができないっていうことを希林さんは言いたかったんだと思うんだけど、いや~ちょっとあの日のことは忘れられない」と語り、樹木さんを偲びました。

今回の放送にはネット上で、「吉永小百合さんと樹木希林さんの関係が素敵」「樹木希林さんと吉永小百合さん深い話しきけて良かったな」「小百合さんが悲しみを堪えながら話しておられる姿にちょっと涙が出そうになりました涙の出ている笑顔深い友情と絆だなぁ」などのコメントが上がっています。

死期を悟っていた樹木さんが、その事を伝えるために、吉永さんを食事に悟った話は、2人が深い絆で結ばれている事を感じられたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.