木村佳乃「オーラがすごくて」人生で一番ビビった相手とは!?TOKIO松岡も忘れられない思い出「普通にタメ語で…」

投稿日:2021/07/29 10:37 更新日:

7月28日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)では、ゲストとして女優の木村佳乃さんが登場。人生で一番ビビった相手を明かし、話題を集めました。

木村佳乃

(画像:時事通信フォト)

■木村「オーラがすごくて」人生で一番ビビった相手とは!?

TOKIO・松岡さんは木村さんに、「人生で一番ビビった人、誰?」と質問。

すると、木村さんは「あの〜皆さんもよくご存知の方が…。皆さん良く知ってらっしゃると思います。女性なんですけど」とヒントを出します。

察しの良い国分太一さんは、「森光子さん!」と答え、見事に正解。

木村さんは、「やっぱりすごくお優しい雰囲気だったんですけど、醸し出してくるオーラがすごくて…。ものすごい優しかったんですけど汗だくになっちゃって」と、大女優のオーラに圧倒されたことを明かします。

国分さんが「いつ会ったんですか? お幾つの頃、会ったんですか?」と尋ねると、木村さんは「舞台を見にいらしてくださったりなんかもして…。若い頃、20代です」とコメント。

また、城島茂さんが「独特の緊張感っていうか、やっぱりありますよね」と話を振ると、木村さんは「何か目を見ただけでも、かちん! ってなってしまって」と同意しました。

■松岡も忘れられない思い出「普通にタメ語で…」

森さんとの忘れられない思い出があるという松岡昌宏さん。

「森さんて敬語でお話しなさったでしょ、みんなに。もしくは優しい感じで…。『マルマルなんですか?』とか『マルマルなの?』みたいな。俺、1回だけね、普通にタメ語で話されたことがあって」と話すと、国分さんは「想像できない!」と驚きの声をあげます。

続けて松岡さんは、「舞台を見に行った時、たまたま森さんもご一緒だって言うんで、自分ご案内しますって言ってエスコートさせてもらった時に、森さん奥に入って自分こっち入って、失礼しますって座ったら、森さん俺の膝のとこ手ぽんと置いて、『あんた変わんなくていいわね』って言われたの」と、森さんとの思い出を明かしました。

この話を聞いた城島さんは、「舞台の台詞みたい!」とコメント。

松岡さんによると、「『放浪記』の森さんだったの」と、舞台で演じるように言葉を発したとのこと。

また、松岡さんは「で、ありがとうございます。『もうそのまま、そのままで』って、あの一瞬は いったい何だったんだろう? っていう。すーっと緊張した」と、森さんの言葉の真意はわからなかったものの、身が引き締まる思いになったことを明かしました。

■木村出演の「TOKIOカケル」に反響

今回の放送にはネット上で、「木村佳乃が森光子の話するの凄いな」「あんた変わんなくていいわね。そのままそのまま。松岡くんへ森光子さんからのたった一度のタメ口」「木村佳乃さん素敵な女優さん」などのコメントが上がっています。

森さんが松岡さんに、「あんた変わんなくていいわね」という言葉をかけたというエピソードが印象的でしたね。

【番組情報】
TOKIOカケル
https://tver.jp/corner/f0079661

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.