武井咲「意外とスカッとして気持ちいい」稀代の悪女『黒革の手帖』原口元子役に本音!『武井には無理』への反応は…

投稿日:2021/01/07 16:21 更新日:

1月7日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、「黒革の手帖~拐帯行~」(テレビ朝日系)で主演を務める女優の武井咲さんがゲストとして登場。武井さんは「黒革の手帖」で演じる原口元子役について語り話題を集めました。

(画像:時事)

■武井、『武井には無理』への反応は…

武井さんは、3年前に出演したドラマ「黒革の手帖」で演じた原口元子役が評判を呼びました。

これまで、米倉涼子さんら大女優が主演を務めてきた「黒革の手帖」ついて、武井さんは「いやもうその重圧っていうのは…とても感じましたね」と、プレッシャーを感じて演じたことを明かします。

また、23歳という若さで銀座のクラブのママになる元子を演じたことについて、武井さんは「なんかこう周りから、やっぱり冷たい意見というか『本当にできるの?』っていうようなコメントも耳にしていたので…。そこにはなんかこう悔しさというか、ちょっとこう見返したいなっていう闘争心じゃないですけど」とコメント。

黒柳徹子さんが、「でもなんか『武井には無理』ってどなたかが仰ってる声が耳に入ったんですって?」と質問。

すると、武井さんは「そうなんです直接的に…。まあそこまできつい言葉ではなかったかもしれないですけど、私にとっては本当にできるのかな? っていう試されてるような言葉を頂いて、そこには闘争心が芽生えましたね」と笑みを浮かべつつ話すと、黒柳さんは「そりゃそうですよね。ならやってやるみたいなね」と相槌を打ちました。

■武井「意外とスカッとして気持ちいい」稀代の悪女『黒革の手帖』原口元子役に本音!

「黒革の手帖」の元子は、銀行の金を横領して銀座クラブのママへとのし上がる稀代の悪女。

そのことについて、武井さんは「なんか今まではやっぱり等身大の役が多かったので。初めてここまで色んな人を踏み台にして、のし上がっていくような役なので上手くできるかな? と思ってたんですけど、演じてみたら、意外とスカッとして気持ちいいな、みたいなところがあったりするんですけど」と悪女を演じるのは気持ち良かったことを明かします。

続けて、黒柳さんが「街で年上の人から声かけられたなんてことあります?」と尋ねると、武井さんは「もう圧倒的に増えましたね。40代や50代の方から、あと、男性だったりにも割と街で声をかけていただいて『着物姿が良かった』とか…言っていただきますね」とコメント。

また、武井さんは「なんかハイボールとか氷を回してたりとか、焼酎でもかき混ぜたりする時に、なんか『元子っぽいね』みたいな風に言われたりとかして…。多分、お酒も入ってるからだと思うんですけど、なんか言われるようになりましたね」と、母親にお酒を作って欲しいと頼まれることもあるとのこと。

今回の放送にはネット上で、「もう美しい!女優武井咲の復活!!黒革の手帳楽しみ!」「キャスティング当時は賛否両論あったみたいだけど、黒革の手帖の武井咲、ほんとにハマり役だよね…美しすぎ…」「武井咲ちゃん相変わらずの美人。前よりも痩せてめちゃくちゃ綺麗になったなー。いい歳の重ね方していて羨ましい」などのコメントが上がっています。

武井さんが「黒革の手帖」の元子役について否定的な意見もあったけれども、逆にそれで闘争心に火がついた話すのが印象的でした。

【番組情報】
徹子の部屋
https://tver.jp/corner/f0064288

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.