武田真治「指輪屋さんが倒産しちゃって…」静まなみへのプロポーズで起こった衝撃の災難明かす!

更新日:

8月18日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ・フジテレビ系)では、武田真治さん、おばたのお兄さん、MCの満島真之介さんが出演。今年の7月1日に結婚した武田さんが、プロポーズに至る経緯を語り、話題を集めました。

(画像:時事)

■武田、静へのプロポーズが1度断られたことを明かす

今回のゲスト・武田さんは、今年の7月1日に歯科衛生士でモデルの静まなみさんと結婚。

そのことについて訊かれると、武田さんはプロポーズを1度試みるも、答えは保留にして欲しいと静さんに言われたことを明かします。

静さんは、今雇ってもらっている歯科医院に申し訳ない、そして、歯科衛生士になるための学生ローンを自分の力だけで返せていないなどの理由で、答えを保留にしたとのこと。

ここで、おばたのお兄さんが1度目のプロポーズで指輪を用意したのかを質問。すると、武田さんはワイキキでのプロポーズを回顧することに。

武田さんによると、ワイキキ旅行に行った時にプロポーズしようと決め、LEDライトで光る指輪ケースも用意。

そして、花火が打ち上がるワイキキビーチで武田さんは跪くと、プロポーズを察した周囲の観光客も武田さんと静さんを取り囲み、準備は整います。

武田さんはシンプルに「結婚してください」と伝えるも、彼女からの返事は「あぁ…まだちょっと…」でプロポーズ大作戦は失敗、意気消沈した武田さんはLEDライトで光る指輪ケースを閉じることに。

■武田「指輪屋さんが倒産しちゃって…」静へのプロポーズで起こった衝撃の災難明かす!

続いて、満島さんが結婚を決めた2度目のプロポーズについて質問。

武田さんは1度目の時に、サプライズでプロポーズをするのなら、入らなかった時のために、少し大きめのものを買った方がいいとのアドバイスを受けて、大きめのものを用意したと説明。

その後、武田さんは「みんなで筋肉体操」(NHK)が話題になり「NHK紅白歌合戦」(NHK)にも出演。

CMが決めるなど、仕事が順調だったこともあり、「状況整ってきたなってなったら、改めてするっていうよりも、いつにするっていう話に」と、再度プロポーズをする絶好のタイミングを迎えました。

そこで、1度目のプロポーズではめてもらえなかった指輪のサイズを直すことになったのですが、武田さんは「指輪を直しに出している間に指輪屋さんが倒産しちゃって。連絡つかなくなっちゃって、お金も返ってこないし、指輪もなくなっちゃって」と、災難に見舞われたことを明かします。

武田さんの話を聞いた満島さんは、「でも、面白いですね。さっき言ってたように『今だ!』って時に、そしたら保留された指輪っていなくなるんすね。あの時、運悪かったって言う人がいるかもしれないけど、僕、逆で、良くなるために悪いものがどんどんいなくなっていった」とコメント。

満島さんのナイスフォローに、武田さんは「俺ね、真之介さんの言葉にまた1つ心がトリートメントされた」と感謝を伝えることに。

今回の放送にはネット上で、「『良くなるために、悪いものが去っていった』グータンヌーボ観てます。満島さんの名言頂きました」「うっかり見てるグータンヌーボ、満島真之介ってすごいなー!『悪いものは全部いなくなっちゃうんだよ!』指輪なくなって残念、と思ってた自分の小ささを痛感した。満島真之介みたいな考え方を持っていきたい!」「武田真治さんすんげー話持ってんな、すんごい話だ…けど、めでたくご結婚されて素敵やな、そんでオモロい武田さん」などのコメントが上がっています。

武田さんはとんだ災難に見舞われましたが、その後の、満島さんの言葉が素敵でしたね。不幸もポジティブに捉えるメンタルを見習いたい、と思った方も多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.