ガールズグループのオーディションにZeebraの娘・横井里茉が!J.Y.Park「君はすでに特別な子」

更新日:

1月31日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)は、「Nizi Project」オーディションに密着。オーディション参加者の中に、ヒップホップ・アクティビスト、Zeebraさんの娘・横井里茉(りま)さんが登場して話題を集めました。

■日本から世界を目指すガールズグループを発掘!「Nizi Project」オーディションに密着

今回、「スッキリ」が密着したのが、日本から世界を目指すガールズグループを発掘する大型オーディション「Nizi Project」。

1万人が参加したこのオーディションは、2019年7月からスタートとして、スタッフと対面する第1次・2次審査を経て、第3次審査ではTWICEや2PMなどの人気グループをプロデュースするJ.Y. Park(パク・ジニョン)さんが審査に登場。

第3次審査、サバイバル合宿を経て合格者が発表され、日本でデビューする、というのがオーディション全体の流れになります。

オーディションで求めるものについてJ.Y. Parkさんは、「ダンスや歌が上手か下手かより大切なことは、ナチュラルさです。自分の声、自分の表情、自分の個性で踊って歌っているのかを見ます。スター性を探しています」と、完成度よりも個性とスター性を兼ね備えた原石を探しているとのこと。

また、対面審査で特技のY字バランスを失敗した井上あかりさんに、J.Y. Parkさんはダンサーとして活動する経験も踏まえ、「背中、骨盤、お尻の筋肉を意識して」とアドバイス。

すると、井上さんは見事にY字バランスを成功させ笑顔をこぼすと、「このオーディションに落ちてもひとつ学んだ。だから楽に思いっきりしてください」とエールを送ります。

瞬時にどこのバランスが悪いのか見抜くだけでなく、能力を思う存分発揮できるようにリラックスさせてあげるなど、J.Y. Parkさんは大物プロデューサーとしての手腕を垣間見せていました。

■オーディションにZeebraの娘・横井里茉が!J.Y.Park「君はすでに特別な子」

VTRに登場して話題を集めたのが、Zeebraさんと中林美和さんの娘である横井さん。

横井さんは、「世界的なアーティストになるために頑張っていきたい。私はお父さんやお母さんが芸能人だけれども、だからといって私がすごいというわけではないですし、私は自分の力で、私ができることを見せたくて、頑張っていきたいと思います」と、自分の力で勝ち取りたいとオーディションへの意気込みを語ります。

またトリリンガルの横井さんは、英語と韓国語によるスピーチ、自作のラップ、そして、華麗なダンスも披露。

彼女を見たJ.Y. Parkさんは、ラップや踊る時のリズムの感の良さと演技力を評価した上で、「少し驚くレベルです。君はただ自分自身を見せてくれたらいい。肩の力を抜いても十分。君はすでに特別な子」と絶賛。

横井さんは見事、第3次審査を突破し、この様子をテレビで見ていたというGLAYのTERUさんも、「あんなに大きくなっててびっくりしました。合格おめでとうございます!感動しすぎてウルッときました」と、メッセージを寄せています。

今回の放送にはネット上で、「すごすぎる才能の横井里茉ちゃん J.Y. Parkさん『君はすでに特別な子』同感でしかない!」「肩の力を抜いていても君はすでに特別な子って表現すごいな」「J.Y. Parkさんが言ってたことが面白い。『アイドルにとって大事なのはナチュラルさ』ナチュラルさが応援したいという気持ちを生み出すし、物語を作るのかなぁ」などのコメントが上がっています。

横井さんは歌、踊り、感情表現に加えて、自分がこうなりたいという考え方もしっかりしていて応援したくなった方も多かったのではないでしょうか。また、J.Y. Parkさんが、自分が手掛けたいアーティストに求める条件を語るシーンも印象的でした。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.