クロちゃん『モンスターアイドル』地獄絵図で異例の編集…候補生「見てもらいたい凄いシーンがあった」カット嘆く

更新日:

12月4日の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、安田大サーカス・クロちゃんによるアイドルプロデュース企画「MONSTER IDOL(モンスターアイドル)」の第4回目が放送。クロちゃんの「行き過ぎた言動」がカットされたことについて、候補生のハナエさんが持論を語り話題を集めました。


(画像:時事通信フォト)

クロちゃん『モンスターアイドル』地獄絵図で異例の編集

前回、ミスズさんが脱落して6名になった候補生。今回は、最終的に4名まで絞られる沖縄合宿3日目です。

プロデューサーであるクロちゃんに、自分の陰口を叩いていたことを知っていると匂わされたナオさん。アイカさんがクロちゃんに告げ口したのでは、と疑いの目を向け始めます。

実際、アイカさんはクロちゃんの指示でスパイを行っていました。

ナオさんは、候補生が全員集まったタイミングで、アイカさんにそのことを直撃。しかしアイカさんは、「自己判断で……言った方がいいと思って」と、クロちゃんをかばいます。

すると、そこに何かを察知したクロちゃんが現れます。クロちゃんはそこであっさりと、「アイカは俺のスパイだから」と真実を告げました。

これだけでも修羅場ですが、「このあと、クロちゃんの行き過ぎた言動があったため一部のシーンをカットしてお送りします」というテロップが流されます。

そして、次のシーンでは候補生たちが泣き崩れる地獄絵図が映し出されました。

「行き過ぎた言動」というものが何なのかはわかりませんが、藤井健太郎プロデューサーはTwitterに、放送したかったとしつつも「地上波の許容範囲からはみ出していたようです」とメッセージを投稿しています。

候補生「見てもらいたい凄いシーンがあった」カット嘆く

VTRが終わりスタジオに戻ると、衝撃的な映像を見せられたこともあって、いとうあさこさんは「今夜の酒がまずくなる」とコメント。

また、ダウンタウン・松本人志さんは「やっぱ『MONSTER HOUSE(モンスターハウス)の時のクロちゃんと今回、目つきと顔つきがちょっと違うなあって……」と前回のクロちゃんの企画を引き合いに。

続けて、「でもね、なんかね、その顔ではなくて、多分ク○リやってるんやと思います」と、刺激的なフレーズを交えて爆笑を誘い、クロちゃんの過剰な言動を見て凍りついたスタジオを和ませました。

一方で、候補生として「モンスターアイドル」に参加しているハナエさんは、地獄絵図のシーンは辛い経験だったとした上で、「テレビで客観的にも見てみたかったです」「皆にみてもらいたい凄いシーンがあったんだよ」とツイートしています。

衝撃の地上波NGにはネット上で、「クロちゃんのやつ今まで笑って見てたけど今回のやつやばいな。カットしたあとの光景が地獄絵図やった。けどあの鳥肌立つ感じがたまらんわ」「水曜日、モンスターアイドル、クロちゃんが凄すぎる…。カット部分、いったいどんな地獄絵図が…」「地獄絵図ってMAXまで行くと水ダウでもカットになるんや…」などのコメントが上がっています。

昨今のテレビの中では、過激なシーンも多い「水曜日のダウンタウン」。そこでNGになるというのは、なかなかの衝撃だったようです。クロちゃんの「行き過ぎた言動」が何かは気になるところですが、候補生には成功をつかんで欲しいと思った方も多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.