中村倫也「菅田に音楽を教えたのが僕」と主張!菅田将暉本人は「それがスタートじゃない」とバッサリ…!?

更新日:

8月15日放送の「サワコの朝」(MBS・TBS系)では、俳優の菅田将暉さんがゲスト出演。そんな菅田さんに事務所の先輩である中村倫也さんがメッセージを寄せ、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■中村が菅田の印象を語る「困っちゃいましたね」

「将暉改め将暉! おはよう」と、VTRで今回のゲスト・菅田さんにメッセージを寄せた中村さん。

「非常に頭がいい子だなっていうのが、僕は菅田は16、7歳の時が『初めまして』で、初めて会った時からこいつ賢いやつだなって。ちょっとした受け答えとか、仕事に対する目線ですかね、いろんな物事の」と、菅田さんとの初対面時の記憶を回顧。

続けて、中村さんは「すごい俳優になんのかなって思ってた1年後ぐらいに、もうすごい俳優になっちゃってました。困っちゃいましたね」と、菅田さんが想像以上の速さでスターダムへ駆け上がって行ったことについて率直な感想を語ります。

■中村「菅田に音楽を教えたのが僕」と主張!

菅田さんに言いたいことがあるという中村さんは、「気になってることがあるんすよ。彼ね、音楽活動もしてね、今やアーティストとしての面も認知されてますけど、菅田に音楽を教えたのが僕だって1個も出してないんですよね、彼は。それがちょっと僕は寂しい」とコメント。

続けて、中村さんは「あれは彼が18、9歳ぐらいだったんですけど、僕の家に遊びに来まして、当時、僕は六畳一間のマンションに住んでたんですけど。そこで僕のアコースティックギターで一緒に適当なメロディーをのせて適当に詩を書いてという遊びをしたことがあるんですよね」と遊びで曲を作った日の思い出を回想。

その上で、中村さんは「その後、一緒にやってた『お残しは許しまへんでっ!』っていうネット番組で、彼の誕生日に僕が彼の誕生日の『菅田の歌』という作りまして、弾き語りで歌ったんです。そしたら、彼はえらく感動してくれまして、涙目にもなったりしてたんですよね。それがあって、彼は音楽っていうものに目覚めたんですよ」と、菅田さんが音楽に興味を持つきっかけを与えのは自分だと主張しました。

■中村の主張に菅田本人は「それがスタートじゃない」とバッサリ…!?

中村さんのメッセージを聞いた菅田さんは、「僕からしたら、ほんとお芝居というか、舞台とかで相談してた人なんで」と、音楽というよりも、演技を教えてもらった先輩であることを強調。

ここで、阿川佐和子さんは「音楽を教えてもらった覚えはない?」と聞くと、菅田さんは「確かに教えてもらったことあります」と素直にそのことを認めます。

それでも菅田さんは、「でも…それがスタートじゃないと思います」と語り、この話題を締めくくりました。

今回の放送にはネット上で、「事務所 長男 中村倫也はやっぱり好きだ」「『菅田に音楽を教えたのが僕だ』と言い切る長男、中村倫也パイセンに対して『それがスタートではない』と否定する三男、菅田将暉ww 」「サワコの朝、倫也さんの長いコメントに菅田くんばっさりwww 朝から笑った」などのコメントが上がっています。

中村さんがネタで音楽の話題を出してきたことを察した菅田さんが大笑いする姿からも、2人の仲の良さが伝わってきましたね。

【番組情報】
サワコの朝
https://tver.jp/episode/75498404

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.