菅田将暉「最高ですよね!」映画『糸』で共演の小松菜奈を絶賛 #Aスタプラス

更新日:

8月21日放送の「A-Studio+」(TBS系)では、俳優の菅田将暉さんがゲスト出演。菅田さんが映画「糸」で共演する小松菜奈さんについて、「最高ですよね」と語る様子が話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■菅田、役者人生の転機になった作品を明かす

菅田将暉さんの役者人生にとって転機となった作品が、2013年に公開された映画「共喰い」。

この作品に出演するに至った経緯について、菅田さんは「一番最初に担当してくれた方(マネージャー)が、僕をアイドルにしたいっていう人で、これが悪いとかじゃなくて。他にも色々あるよなと思ってた頃にマネージャーさんも代わって、初めてマネージャーさんにこういう作品のオーディションがありますと…」と、マネージャーの交代がひとつのターニングポイントになったことを明かします。

続けて、菅田さんは「R指定のついてる映画ですと、濡れ場もありますと。当時、僕、19歳なんで、菅田君がやりたいと思ったらオーディション受けたらいいと思う。初めて僕は選択をこう…。今まではそうじゃなく、こういうのがあるから行ってきてっていう中で、初めて選択されたってとこが一番のきっかけですね」とコメントしました。

■菅田、事務所の先輩・松坂のストイックさを語る

そのマネージャーは現在でも菅田さんの担当で、事務所の先輩・松坂桃李さんも担当しているとのこと。

そのことについて、笑福亭鶴瓶さんが「桃李も、すっごい、いいもん入ってくるやんか?」と尋ねると、菅田さんは「桃李君はちょっともう作品の一個一個、濃度エグ…。すごいっすよ」と本音を吐露。

鶴瓶さんとKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが菅田さんも同じでは、と伝えると、菅田さんは「はた目で見て桃李君はちょっと追い込みすぎ。本当、だって、自分がどんだけしんどくても、なんとなく桃李君のスケジュール聞いたら、頑張ろうと思いますもん。これは内藤さん、うちのチーフの策略でしょうね。競わすように」と、松坂さんのストイックさには敬意を抱いていることを明かしました。

■菅田「最高ですよね!」映画『糸』で共演の小松を絶賛

菅田さんが出演する映画「糸」について、瀬々敬久監督を取材した鶴瓶さんは、「菅田、すごいなと思うのは、テストの時がごっつええ芝居すんねんて…。でね、それを超えてくる言うのよ、次やった時」と監督の言葉を紹介すると、菅田さんは「良かった、超えてて」と安堵の表情を浮かべます。

また、鶴瓶さんが映画「糸」で菅田さんと共演する小松菜奈さんの演技を「いや〜小松菜奈がこれもう抜群や、この子」褒めると、菅田さんも「いや〜最高ですよね」と相槌を打ち小松さんを絶賛しました。

今回の放送にはネット上で、「鶴瓶『小松菜奈は抜群やなこの子』菅田将暉『最高ですよね』心がこもった一言だった」「菅田くんの言う(小松菜奈)最高ですよ〜は本当に信頼関係ばちばちに良すぎて泣ける」「菅田将暉と松坂桃李って、同じマネージャーなんだね。優秀なマネージャーなんだろうなー」などのコメントが上がっています。

小松さんについて話す鶴瓶さんの言葉に「最高ですよね」と自然に反応してしまう菅田さんの言葉を聞くと、役者として、お互いに認め合ってることが伝わったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.