菅田将暉、大人の色気に魅了され記憶が飛んだ女優…「16歳とかなんで」その相手は『仮面ライダーW』のあの人?

更新日:

8月26日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)では、俳優の菅田将暉さんがゲスト出演。映画「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」(2010年)で親子役を演じた杉本彩さんとの撮影の思い出について語り、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■菅田、宮沢に圧倒される?「食われる!」

今回のゲストの菅田さんに「この人綺麗だなと思った女性」を尋ねると、菅田さんは「『日本アカデミー賞』授賞式みたいな場で、あれ色んな女優さんいて、そん中で、ご挨拶見たいのがみんなそれぞれありますけど…。ちょっと、久々に口が『おっおっ』ってなったのは宮沢りえさんです」とコメント。

続けて、菅田さんは「なんかキレッキレな艶っぽさというか、気を抜いたら『食われる!』『負ける!』みたいな、カッコよさと美しさでしたね」と、宮沢さんの存在感に圧倒されたことを明かします。

また、TOKIO・国分太一さんが、「それってもう、女優としてじゃなく、宮沢りえとして出てるわけじゃないですか。役としてじゃなくて」と問いかけると、菅田さんは「そうですね。人としてですね」と、宮沢さんの人としてのオーラを絶賛。

■菅田、大人の色気に魅了され記憶が飛んだ女優…「16歳とかなんで」その相手は『仮面ライダーW』のあの人?

ここで、松岡昌宏さんがTOKIOのメンバーにも同じ話題を振ると、リーダーの城島茂さんは「杉本彩さんの手料理ってめちゃくちゃエロいのよ」と、料理番組で共演した杉本さんの名前をあげます。

しかし、話の趣旨が変わってきたこともあり、松岡さんは国分さんは同じタイミングで「まちがいさがし」ボタンを押すことに。

杉本さんの話題が出たところで、菅田さんはデビュー作「仮面ライダーW」の劇場版で杉本さんとは親子を演じたことを明かします。

撮影時の思い出について、菅田さんは「ちょっとした親子の微笑ましいシーンも何にも記憶なく終わりました。大人の女性すぎて…。その後、お母さんが倒れちゃって、お母さんみたいな抱き起こすシーンみたいのがあったんですけど、どう触れていいかが分かんないみたいになりました」と、杉本さんの大人の色気に魅了され素の自分が出たとのこと。

この話を聞いた国分さんが「それもう本人じゃん、役じゃないじゃん」と指摘すると、菅田さんは「16歳とかなんで」と、若くて上手く立ち回れなかったことを強調します。

今回の放送にはネット上で、「菅田将暉と杉本彩さん!!劇場版仮面ライダーWだー大人の魅力ですって!?ごくっ…」「菅田将暉。フィリップの杉本彩さんとの思い出語るの可愛い」「運命のガイアメモリのとき菅田将暉は杉本彩にキュンキュンしてたのか笑最近ダブルの話たくさんしてくれて嬉しいわー笑」などのコメントが上がっています。

杉本さんの大人の色気に魅了されて、どう触れて良いのかわからないという菅田さんの話は、初々しくて可愛さを感じた人も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
TOKIOカケル
https://tver.jp/corner/f0056165

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.