桃月なしこ、原作の衝撃ヴィジュアルを再現!TOKIO・松岡昌宏主演「死役所」が話題 #死役所

更新日:

あずみきしさんの大ヒットマンガをTOKIO・松岡昌宏さん主演でドラマ化した「死役所」(テレビ東京系)。10月16日から放送が始まりました。第1話では、原作の衝撃シーンを地上波で再現したことが話題を集めました。

TOKIO・松岡主演「死役所」第1話のあらすじ

女子大生の三樹ミチル(黒島結菜)が目を覚ますと、そこは見知らぬ場所。行き交う人は傷を負い、物々しい雰囲気に包まれていました。

そんな時、ミチルに声をかけてきたのが、総合案内係として働くシ村(松岡)。

状況が飲み込めないミチルに、シ村は「ここは『シ役所』でございます。今日はどう亡くなられました……」と伝えます。

そこでミチルは、自分が殺されたことを思い出すことに。

シ村に他殺課へと導かれたミチルは、そこで働くイシ間(でんでん)に「どうしたらあの女に復讐できるんですか?」と訴えますが……。

少年忍者・織山尚大がゲスト出演

この世を去った者たちが訪れる場所「シ役所」を舞台に、総合案内係として働くシ村と死者との対話を描く本作。

主人公のシ村を演じる松岡さんは、ニタっとした笑顔を浮かべ「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度を取るミステリアスなキャラクターを好演しています。

また初回のゲストには、義理の父との人間関係と、学校でのイジメの辛さに耐えきれず自殺した少年・鹿野太一役で織山尚大(少年忍者/ジャニーズJr.)さんが出演。

織山さんは、死んで「シ役所」にやってきたことで、自分は愛されていないと思っていた義父の本当の気持ちを知り、感情を揺さぶられる少年の繊細な感情を巧みに演じました。

桃月、原作の衝撃ヴィジュアルを再現

ドラマ冒頭で衝撃を与えたのが、上杉涼子(桃月なしこ)のヴィジュアルです。この女性は、原作マンガの1巻の表紙にも登場しているのですが、なんと頭部が半分欠けている死者。

地上波だとグロテスクな描写は控え目にしがちですが、上杉のCG描写はリアルで、原作をしっかり再現していました。

放送を見た人からネット上では、「死役所ドラマ面白かったー顔半分ない女の人再現されててびっくりした」「死役所に出てくる顔半分ない女性を再現するの!?って思ったけどちゃんと再現しててすごい」。「死役所漫画通り!一話目から顔半分のアレをそのまま再現してくるとは」などのコメントが上がっています。

グロテスクなシーンもありますが、感動的なエンディングもあり、ヒューマンドラマとしても秀逸な作品だったと感じられたのではないでしょうか。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0041055

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.