「オモチャになりがち…」パンサー・尾形は追いつめられている?山里亮太の気遣いが"優しい"と話題

更新日:

毎週水曜日25時から放送の「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)。10月16日の放送では、山里さんがお笑いトリオのパンサー・尾形貴弘さんとよく仕事が一緒になることを報告。必死に頑張る尾形さんを、心配しながらもあたたかく見守る山里さんの様子が話題となりました。


(画像:時事通信フォト)

山里、パンサー・尾形は「心が擦り減りすぎてる」


この日の放送で、山里さんは仕事がよく一緒になる芸人として、パンサー・尾形さんを紹介しました。

山里さんは、尾形さんよりも先輩なのですが「尾形さん」と呼んでいるそう。

出会った当初、パンサー・向井さんが「尾形さん」と呼んでいたため、山里さんもあだ名のような感覚で呼んでいるそうです。

尾形さんについて、山里さんは「ドッキリに引っかかったり、リアクションがすごいとかさ。オモチャになりがちじゃない、皆さんの」とコメント。

続けて、「みんなのオモチャにされて、心が擦り減りすぎてる」と、心配した様子で尾形さんのエピソードを語り始めました。

山里、必死にボケを考える尾形を目撃し心配に「脂汗ダラダラ、目はバキバキに…」

山里さんと尾形さんは、「腸」についてしっかり学ぶという真面目な番組で一緒になったそうです。

そこで、MCだった山里さんは、尾形さんに「胃と、小腸と、大腸はそれぞれどこでしょうか」という質問をしたそう。

番組的には、すぐに正解を出して次の説明に行きたかったようですが、尾形さんは脂汗をダラダラ流しながら必死にボケを考えている様子。

結局、目をバキバキに見開きながら「胃と、小腸と、大腸は、両腕に収納できます!」という回答をしてしまった尾形さん。

それを見た山里さんは「ほんとに悲しくなった。こんなに追い詰められているのか」と当時を振り返って語りました。

その後も、「小腸の長さはどれくらいでしょうか」という質問に、尾形さんはまたもや汗を流しながら「2億キロ!」と答えてしまったそう。山里さんは「地獄を……追い詰められて……」と言葉を濁しながら語り、笑いを誘いました。

山里、追い詰められるパンサー・尾形の姿に本音「向井欲しい」

また、別の番組でも追い詰められている場面があったとか。

その番組で尾形さんは、チームを応援する立場として出演。それに対抗するチームの応援は、尾形さん1人に対して、お笑い芸人・かまいたちの2人。

当初、かまいたちが先行して応援することになっていたそうですが、かまいたちの完璧なコンビプレーを見てしまうと、1人でやっている尾形さんが委縮してしまうのではないかと思案した山里さん。

そのため、本番では順番を入れ替え、尾形さんを先にしてもらったそうです。

「で、やったんだけどさ」と結果を語る山里さん。「心から思ったね、その時。『あー、向井欲しいなあ』って」とコメントし、周囲は爆笑。

「菅さんと向井が欲しかったなあ」と心の声を漏らしました。

山里の気遣いに「ボスは優しい先輩」の声

話の途中、山里さんは、「尾形さんって、もともと面白いのよ。でもすごいプロフェッショナルな人たちがオモチャにしてるから」と、尾形さんを気遣う場面もありました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「追い詰められた尾形さんは目に浮かぶ」「尾形さんの苦悩に気付いてあげられるボスは優しい先輩だよ…」「向井さんの必要性ww」などの声が上がりました。

追い詰められてしまっていると山里さんが推測する尾形さんですが、これからもバラエティ番組で大活躍してほしいですね。

今回の放送はタイムフリーでも聴くことが出来ますので、聞き逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。

http://radiko.jp/#!/ts/TBS/20191017010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.