ファンは推しに似てくる?エビ中がそれぞれのファンの特徴を暴露!真山「ひねくれた人が多くて」

投稿日:2021/07/15 13:54 更新日:

7月14日放送の「あるある土佐カンパニー」(テレビ朝日)では、アイドルグループ・私立恵比寿中学の真山りかさん、柏木ひなたさん、小林歌穂さんがゲストとして登場。柏木さんが、自身のファンの特徴を明かし、話題を集めました。

■ファンは推しに似てくる?エビ中がそれぞれのファンの特徴を暴露!真山「ひねくれた人が多くて」

話が私立恵比寿中学のライブあるあるの話になると、小林さんは「それぞれの推しの方の雰囲気とかが全く違うっていうのがありまして、それぞれやっぱ推しになる方って類友なのか…。推しに近く雰囲気が似たりとか、全然色が違うライブで一緒に一体感になる。すごい面白い」とコメント。

また、三谷紬アナウンサーがファンの特徴を尋ねると、小林さんは「おっとり、ほんわか系の温かく見守ってくれますっていう方が多くてありがたい」と語り、笑顔に。

一方で、柏木さんは「私の場合は、私を推すっていうよりかは、私を尊敬してくださったりとか…。憧れてくれるところが結構多くて」と、自身のファンの特徴を明かします。

すると、土佐兄弟・卓也さんも「わかるわ! 俺なんて、ちょっと動画とか見てて憧れたもん、普通に、この何かスタイルというか、あの感じに、尊敬するってわかるね」と、柏木さんのファンに共感。

さらに、土佐兄弟・有輝さんが話を振ると、真山さんは「私のファンの人はちょっとひねくれた人が多くて」と、話を切り出します。

「例えば他のレーンで『ひなたちゃん大好きだよ!』みたいなこと言ってても、私のレーンにくると『この間さ、あの振り間違えてたよね? 見てたよ、俺知ってる!』みたいなこと」と、具体例をあげつつファンの特徴を解説。

それでも真山さんは「見てないよ、そんなの!」とツッコミを入れ、笑いを誘うことに。

■柏木がストイックすぎる素顔を明かす

また、アイドルならではの苦労話について、柏木さんは「私はこの仕事というか、歌って踊ることが元々好きで、この仕事やらせていただいてるので、オフの日でも常に時間を作って歌ってたりとか、踊ってたりしてないと嫌な体になってしまったというか」と、ストイックすぎる素顔を明かします。

この話を聞いた卓也さんが「もうそういう体になっちゃった?」と問いかけると、柏木さんは「そうですね。でも、それが別に嫌なことではないので好きでやってる」とコメント。

具体的には、私立恵比寿中学の楽曲でセットリストを作り、歌と踊りの練習をしているとのことでした。

今回の放送にはネット上で、「エビ中ファンが推しに似るは納得」「まーじでエビ中あるある面白かったこれ1時間でも飽きないわ」「柏木さん、マジで生粋のアイドルすぎる」などのコメントが上がっています。

ファンが推しと雰囲気が近くなるというエピソードは、興味深いですね。

また、普段から歌と踊りの練習をすることがルーティーンになっている柏木さんは、確かに生粋のアイドルだと感じられたのではないでしょうか。

【番組情報】
あるある土佐カンパニー
https://tver.jp/corner/f0078316

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.