三四郎、ついに降格!ANNの長い歴史上“2回目”の珍事発生も小宮「特例感が無い」

投稿日:2021/02/27 14:20 更新日:

毎週金曜日深夜1時から放送のラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。2月26日の放送では、4月から「オールナイトニッポン0(ZERO)」へ移動することになったと明かし、話題となりました。

(画像:時事)

■三四郎、ついに降格!

4年間、深夜3時から放送の「ANN0」(2部)を担当し、2019年にめでたく深夜1時から放送の「ANN」(1部)に上り詰めた三四郎。

今週の放送では、今年4月から、またもや金曜日の「ANN0」へ移動することが発表されました。

これについて、小宮浩信さんは「いや、バチボコ2部に戻るんか~い!」と得意のフレーズを入れてツッコミながら、「いやはや、終わらないね~。2部を4年間、そして1部を2年、そしてまた2部。しぶとすぎない?」とコメント。

相田周二さんも「一安心ですよ」と胸をなでおろし、「お前らも良かったな~! 耐えたぜ~!」とリスナーに語り掛けました。

■ANNの長い歴史上"2回目"の珍事発生も小宮「特例感が無い」

さらに、「1部から2部への降格は、50年以上ある『オールナイトニッポン』の歴史の中で2回目の快挙です! これはすごいよ! 拍手!」とテンションを上げる小宮さん。

続けて、「歴史上2回目となってるんですけど、1回目は誰かというと、アルコ&ピース!」と、この番組でもよく名前の挙がるお笑いコンビ・アルコ&ピースの次だと明かします。

この事実に、小宮さんは「最近! そして身内!"凄み"が無くなるのですが? 特例感が無いのですが? お~い!」とツッコミ続け、周囲は大笑い。

小宮さんは、「1部のプレッシャーからの解放、と考えてもよろしい。我々は深い時間が似合うんだな」としみじみ語りながら、「これでのんびりラジオが出来ます。のんびりとはいえ、我々の次の目標は再び1部に上がる事。2部のまま終わったらね、アルコ&ピースと同じになっちゃうから。僕らはアルコ&ピースでは無いのです。それが1番恥ずかしい事ですから」とコメントし、周囲を笑わせました。

■2部での継続に「ず~~~っと末永く続いて欲しい!」の声

その後、この重大発表を聞いたリスナーから、「2部になるんですね…って、当たり前だろうが! 天下の『オールナイトニッポン』で、何2年も耐えてるんだよタコ! じゃあ、深夜3時から待ってるからな!」や「完全に終わると思ってた! やったじゃん!」などのメールが到着。

小宮さんが「喜んではくれてるんだね」と確認すると、相田さんは、リスナーからの"ツンデレメール"に「思ってた感じと違うな~」とツッコミを入れ、笑いを誘いました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「『三四郎は1部より2部が適してる』って判断からの2部降格なら、もうこの際2部でず~~~っと末永く続いて欲しい!」「2部に降格しても三四郎ANNが続くだけでとても嬉しいです」「とにかく三四郎のラジオが聞けるなら1部でも2部でも嬉しいです!」などの声が上がりました。

6年間、「オールナイトニッポン」を賑わせ、リスナーを楽しませ続けている三四郎。

今後、さらに三四郎らしいトークが聞けるのではと期待するリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
三四郎のオールナイトニッポン
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20210227010000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.