ゴッドタンで唯一の『お蔵入り』スピードワゴン小沢、1時間ずっと下を向き…。その一部始終とは?

更新日:

毎週水曜日深夜3時から放送のラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)。11月13日の放送では、佐久間さんがプロデューサーを務める「ゴッドタン」(テレビ東京)の収録において、一度だけ"お蔵入り"になったものがあったことを明かし、話題となっています。


(画像:時事)

佐久間Pが生放送に遅刻ギリギリ「こんな危険なパーソナリティいる?」


今回の放送では、開始早々に「危なかった~」とコメントする佐久間さん。

このラジオ番組が3時から生放送されるにも関わらず、2時30分に自宅で目覚めてしまい、急いで駆け付けたそうです。

「普通はこんなこと起きないよね。なんでか? マネージャーがいるから」と笑いながら語る佐久間さん。

「俺の携帯のアラームだけが命綱なんだよ。こんな危険なパーソナリティいる?」とコメントし、笑いを誘いました。

またこの日は、佐久間さんとも親交が深いという、ナレーターの服部潤さんがゲストに登場。

遅刻してしまった佐久間さんよりも30分以上前にスタンバイしていたという服部さんは、「俺の時に限って遅いって何?」とツッコミを入れて周囲は爆笑。

佐久間さんが「(服部さんは)身内みたいなもんだから」と釈明し、またもや笑いが起こりました。

ゴッドタンで唯一の『お蔵入り』小沢、1時間ずっと下を向き…。その一部始終とは?

しばらく二人のトークが続き、話題は「ゴッドタン」の話に。

服部さんは「ゴッドタン」でもナレーションを務めており、「『ゴッドタン』は毎回面白いね」と賞賛。

そこで佐久間さんは、「1本だけしかないんですよ、"お蔵"が」と、"お蔵入り"があったことを暴露しました。

それは、「マジギライ1/5」という企画にスピードワゴンの小沢一敬さんが登場した時のこと。

「マジギライ1/5」は、5人の女性から悪口を浴びせられ、5人の中で自分のことを本当に嫌っている人物は誰なのかを口喧嘩しながら当てるという企画。

ところが小沢さんは1時間、ずっと下を向き全く言い返さなかったそう。

それを見た共演者のおぎやはぎの二人や劇団ひとりさんから「小沢君、言い返さないと」と注意されますが、小沢さんは「俺、女の子に悪口言えない」と一筋の涙をこぼしたと言います。

小沢さんの言葉を聞いた共演者から「いやこれ、(悪口を)言う企画なんだよ! じゃあなんで受けたんだよ!」とツッコまれたそうですが、小沢さんは頑なに「でも言えないよ……」と拒否。

最終的に、収録中に泣きながらフリスクを食べ始めたそうで、劇団ひとりさんから「お前、フリスク食ってんじゃねーよ!」とツッコまれ、"お蔵入り"となってしまったそうです。

小沢らしいエピソードに「逆にその回観てみたい」の声

この話を聞いたスタッフも服部さんも大爆笑。

佐久間さんは「それで1本お蔵になった以外は、ウケるまでやるっていうのもあるけど、そんなにやべーなって収録はない」と補足を入れました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「小沢さんらしいエピソードwww」「小沢さん、なんで仕事受けたの?笑」「逆にその回観てみたい…!」などの声が上がりました。

今回の放送は、ゲストの服部さんに、リスナーから届いたナレーションを読んでもらうという贅沢な企画もありました。この放送を聞いて、もっと「ゴッドタン」が楽しみになったリスナーも多かったのではないでしょうか。

今回の放送はタイムフリーでも聴くことが出来ますので、聞き逃した方はぜひチェックしてみてくださいね。

http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20191114030000

(文:藤峰あき)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.