ROLANDが改名した本当の理由が意外!?「3年付き合って初めて聞きますね」名前の由来はまさかのあの漫画

投稿日:2021/01/28 11:38 更新日:

1月27日に公開されたROLANDさんのYouTubeチャンネル「THE ROLAND SHOW」で、ホスト時代の“東城誠”からROLANDへ改名した本当の理由を語られ、話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

■ホスト時代の話を解禁!当時の自分に「ヒドイ話ですよね」と反省


シアタールーム内で、数年前に出演したYouTubeチャンネル「HOST-TV」を感慨深げに鑑賞するROLANDさん。

そこから、「ぶっちゃけ言うと、他のメディアでは言っていない、いろんなことがある」とホスト時代の話へ。

いろいろなメディアで改名した理由を聞かれることが多く、今までは「ROLANDは名前じゃなくて概念なんだ」と本当の理由は伏せてはぐらかしてきたと話します。

売れっ子だったホスト時代の"東城誠"という名前から"ROLAND"へ改名した理由をホスト時代を振り返りながら話し始めました。

ホスト・東城誠の時は、売上を上げるために、嘘もついてきたとホストならではの苦悩を話します。

「シャンパン入れてくれたら、付き合ってあげてもいい…かも」など色恋を利用していたこともあったと本音を暴露。

次第に女性を利用することが嫌になってきたというROLANDさんは、「女の子に対して泣かせるような事ばっかしてるんだろう」と自己嫌悪に陥ります。

すると6年前のホスト時代の映像が公開され、当時の名前・東城誠さんが「お前ら金持って~集合~!」と今のROLANDさんでは想像がつかない発言をしていました。

これに対して、ROLANDさんは「ヒドイ話ですよね」と東城誠時代の客へのもてなし方を反省し、「ブランディングを変えたかった」と自分が理想とするホストになる為に改名を決意。

■ROLANDが改名した本当の理由が意外!?名前の由来はまさかのあの漫画

まず、「名前を捨てよう」と思ったROLANDさんは、当時の上司に相談します。

当時の上司は、「そうか、頑張ってくれ」と売れっ子だったホストだったにもかかわらず快諾。

そして、名前の候補として、ROLAND以外にも"ロミオ"もあったと話し、ROLANDに決めた理由を語り始めました。

ホスト時代の「東城誠」で検索すると、「女を金としか思っていないホスト」「色恋の営業しかできないホスト」と批判の声が多かったそう。

そこで、検索しても日本の大手電子楽器メーカー・ローランド株式会社が検索上位に上がってくる「ROLAND」なら、自分が目立たなくて済むと考えたといいます。

検索してもヒットしない名前にすることで、「今までの事から、ちょっと1個リセットできるかな」と過去の自分をリセットしたかったと話すROLANDさん。

「ROLAND」を選んだ理由についても、「なんでもよかった。名前(東城誠と)全く違うものだったら」と言い、たまたま読んだ漫画「帝一の國」の氷室ローランドという登場人物からとったと告白。

他にも候補"ラベル""ヴィバルディ"なども合ったと話し、その場は盛り上がります。

すると、ディレクターが「ザ・ビートルズが急に明日からBTSになりますってことですよね?」と、そのブランディング方法に感銘していました。

■ディレクターも驚愕「3年付き合って初めて聞きますね」

新たな名前を手にして、ブランディングもがらっと変えるROLANDさんに、他のホストや関係者達はバカにしていたと話します。

しかし、ROLANDさんは「100人中100人が違うと言ってきたら、その100人が絶対間違えてると証明すればいい」という名言を披露。

当初から勝算があったというROLANDさんは、3年前の改名後、1本目のYouTube動画を指さして目標であった、100万回再生を達成した様子を公開。

ディレクターも「3年付き合って初めて聞きますね」と驚愕していました。

今回の動画をみたネット上では、「1人で2回売れたのはマジですげぇな」「ローランドがあの漫画から名前とったのか」「やっぱり帝一の國だったんだー!」と名前の由来に驚く声が上がっていました。

過去の自分と向き合い、新たな名前を手にして理想の自分へ近づいたROLANDさんに、感銘を受けたファンも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
THE ROLAND SHOW
https://www.youtube.com/watch?v=DLUfXF_EYbU&t=607s

(文:戸坂あさみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.