ブレイクの松本若菜に「笑いが分かる」土屋太鳳やんごとなき“松本劇場”を分析

投稿日:2022/11/28 13:05 更新日:

11月27日放送の「情熱大陸」(MBS・TBS系)に、松本若菜さんが出演。松本さんの演技の魅力について、ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系)で共演した土屋太鳳さんが語り、話題を集めました。

(画像:時事)

■ブレイクの松本若菜に「笑いが分かる」土屋太鳳やんごとなき“松本劇場”を分析

松本さんは今年放送されたドラマ「やんごとなき一族」で、土屋さん演じる主人公・深山佐都の義姉・深山美保子役で出演。

松本さんのアドリブ混じりの突き抜けた演技は“松本劇場”と呼ばれ、脚光を浴びました。

松本さんの印象について、土屋さんは「本当にこんな面白い人いるんだって思ったぐらい」と話し、笑顔に。

続けて、「シリアスなシーンがすごく素敵なんですよ、若菜さん。だからここは感情的にやった方がいいんじゃないかとか、シリアスがわかってるから笑いが分かる感じがしました」と、松本さんの演技の魅力を明かしました。

■松本若菜、女優引退を考えた過去明かす

2006年に鳥取から上京した松本さんは、22歳の時に『仮面ライダー電王』(2007〜2008年/テレビ朝日系)で女優デビューを飾り、佐藤健さん演じる主人公の姉役を演じました。

しかし、その後は2017年公開の映画「愚行録」で評価されるまで、10年近く出演作に恵まれず苦労を経験。

そんな松本さんは、「よく言われてたのは、『何されてる方なんですか?』って言われたら『一応女優です』っていう風に言ってて、保険かけてるんですよ、自分で…。それはでもね、30…バイトしてる時までは大体言ってたかも。腐ってたと思う。だって家とバイトの行き来だったし、何のために、私、東京出て来たんだっけ? とか思ってたし」と、当時の記憶を回顧。

ここで、スタッフが「辞めようかなとか誰かに話さなかった?」と聞くと、松本さんは「1回だけ母親にした事ありますね。母もそれ以上聞いてこなかったし。『何で?』とかもなかったし、『わかった』しか言わなかったから…。その『わかった』がその時の私にはすごくありがたかったですね」と、引退を考えた過去を明かします。

そして、「そのあとかな…やっぱ帰るのやめようみたいなの思ったのは」と話し、涙ぐみました。

■松本若菜出演「情熱大陸」に反響

休暇中に松本さんは米子の実家を訪問。

松本さんの父親は、「いつ戻ってくるかなって。出れば売れるってそういう問題じゃないでしょ。心配ですよ、やっぱり…本心は やっぱり心配で心配で」と、娘を心配していた事を明かします。

それでも、「今となっては成功してほしいですよ。だんだん名前もちょっとだけ売れるようになって、自分としては嬉しいです」と話し、松本さんは「ありがたいな」と答えました。

今回の放送にはネット上で、「局が違うのにやんごとなき一族の映像が流れて、松本劇場いう言葉も紹介されたし、土屋太鳳ちゃんのコメントまで」「松本若菜と土屋太鳳が!どちらも好きな女優さん」「女優の松本若菜さん久しぶりに番組観たけどよかったよ」などのコメントが上がっています。

怪演のイメージがある松本さんについて、土屋さんが「シリアスなシーンがすごく素敵」と話したのは、演者ならではの視点だと感じましたね。

【番組情報】
情熱大陸
https://tver.jp/episodes/epymf1xgcp

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.