当初は洋風ショーで全然ウケなかった松平健、転機になったのは「長谷川一夫先生の東宝歌舞伎」と告白!

投稿日:2022/10/20 16:24 更新日:

10月20日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、松平健さんがゲストとして登場。松平さんは、「マツケンサンバ」の演出は長谷川一夫さんに影響を受けていた事を明かし、話題を集めました。

松平健

(画像:時事)

■松平健、『マツケンサンバ』の再ブームに本音

松平さんは、2004年にリリースした「マツケンサンバII」が大ヒットし、同じ年の「NHK紅白歌合戦」に出場しました。

そんな「マツケンサンバ」は、昨年開催された東京オリンピック開会式での待望論が広がり、再びブームの兆しが出ると、松平さんは2021年末の「紅白歌合戦」にも特別枠で17年ぶりに出場。

黒柳徹子さんが、「『マツケンサンバ』の再ブームのいかがですか?」と尋ねると、松平さんは「私もビックリしたんですけども。オリンピック辺りから、なんか『マツケンサンバ』の待望論ですか? だから、18年前にまだ幼稚園とか、ああいう所で皆さんね、運動会で踊っていたりっていう方たちが、今やもうその18年後に成年になって。そういう人たちがまた盛り上がってくれたのかなっていう」と、「マツケンサンバ」の再ブームには驚いた事を明かしました。

また、黒柳さんが「特に昨年末には『紅白』の前半戦のトリをお務めになったって? この歌で、『紅白』はいかがでしたか?」と尋ねます。

松平さんは「今回は、なんかすごい最初に出る時にですね、スケボーに乗って。最初もうビックリしましたね」と話すと、黒柳さんも「派手!」と驚きの声をあげました。

■当初は洋風ショーで全然ウケなかった松平健、転機になったのは「長谷川一夫先生の東宝歌舞伎」と告白!

さらに、黒柳さんが「宝塚的な派手な演出は、松平さんがお考えになって、なんか長谷川一夫さんの影響も受けているとか」と尋ねると、松平さんは「それまでは洋風のショーをやっていたんですけども、舞台で。やはりお客様が年齢の高い人も多かったんで、いまいちウケがよくなかったんですね」とコメント。

続けて、「それで、やっぱり長谷川一夫先生の東宝歌舞伎ですか。あれでショーをやっているっていうんで見に行ったら、全部踊りと、いわゆる和のショーなんですね。それでお客さんの顔見たら、皆さんこう乗り出してね、すごい見ていたんで。やはり和のショーの方がいいのかなっていう事で、変えたんですね、洋から…。それでこういう、いわゆるサンバ的なものも始まって」と、長谷川さんのショーを見て「マツケンサンバ」の演出を変えた事を明かします。

また、黒柳さんが「本当に陽気になりますよね、伺ってるとね」と伝えると、松平さんは「そうですね。やっぱり皆さん、これ聴くと、元気になるっていう事を仰ってくれるんで、とても嬉しいですね」と答えました。

■「マツケンEDM」を聴いた黒柳徹子の反応は?

さらに、ヒャダインさんがプロデュースした「マツケンEDM」が流れると、黒柳さんは「すごい面白い!」と、笑顔になっていました。

今回の放送にはネット上で、「イケメンすぎるおじいちゃんだな」「『マツケンサンバⅡ』やっぱり盛り上がるね」「マツケンEDMが流れていてちょっと吹いた」などのコメントが上がっています。

「マツケンEDM」の映像が「徹子の部屋」で流れたのが面白かったですね。

また、「マツケンサンバ」の演出を洋風から和風に変えた事で、ウケが良くなったというエピソードも印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.