星野源、ラジオで告白した癒えない“渇き”!当時欲しかった物を手に入れた心境は

投稿日:2022/10/19 16:46 更新日:

10月18日深夜放送の「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)では、星野さんが「昔欲しかったもの」について語り、ネット上に共感の声が上がりました。

星野源

(画像:時事通信フォト)

■星野源が“一切癒えない渇き”を明かす「すごい切ないんだけどさ…」

番組のオープニングトークで、昔住んでいた場所に行ってみたと語った星野さん。

懐かしさを感じながら1時間程歩く中で、「あの頃の欲しかったものとか、入りたかった店とか、全部取り返してやろうと思って」「自分で稼げるようになりましたから、もうあの、きっとあの頃悔しかった思いとかを晴らせるぞと」と、かつての欲求を今になってから満たそうと思ったそう。

星野さんは小さい頃、ゲーム機などの欲しい物をあまり買ってもらえなかったのだとか。

また、二十歳くらいに一人暮らしを始めた時も、「超お金なかった」そう。

アルバイトをしながら劇団の活動をしたり、オーディションを受けたりという生活だったと言います。

たとえオーディションに合格しても、舞台には何万円分ものチケットノルマがあり、足りない分は自腹で購入しなければならなかったそう。

よって、星野さんが幼い頃から20代前半くらいまでは、「欲しかったものがいっぱい」だったと振り返りました。

■星野源、ラジオで告白した癒えない“渇き”!当時欲しかった物を手に入れた心境は

懐かしの場所を散歩中、入りたかった店にいざ入ろうとした星野さん。

ところが、かつて憧れていた店は、軒並み潰れてしまっていたそう。

星野さんは、「そりゃそうだろうなと思って。もう何十年も経っちゃってるわけだから」とあきらめ、今度は「店がダメなら、欲しかったものを思い出してそれを買うぞと」と、買い物の方に目を向けます。

買い物では無事、かつて欲しかったものを見つけられたそう。

ところが、そこで「すごい正直に自分に問うてみたんだけど」と立ち止まってしまったという星野さん。

「これ今ほしいか?」と自分自身に問いかけてみた時に、「うん、欲しくない」と思ってしまったのだとか。

星野さんは、「なんかさ、すごい切ないんだけどさ、やっぱあの時欲しかったものってさ、あの時欲しいよね」と、正直な思いを吐露。

「それの“渇き”って一切癒えないんだなっていうのは、すごい改めて思いましたね」と、切ない思いをしみじみかみしめる星野さんでした。

■星野源のオープニングトークに視聴者「考えさせられる」

今週は、スペシャルウィークのゲストとして、中村悠一さんとマフィア梶田さんが登場。

リスナーから募集した出来事をラジオドラマ風に演じる「星野ブロードウェイ」のコーナーなどで盛り上がりました。

今週の放送に対し、ネット上では「冒頭にもってくるこういう独白っぽいトークって、よい…」「あの時は渇きはあの時に癒せてナンボ、みたいな。考えさせられることいっぱい」「源くんのOPトークのフリからの梶田さんの誕プレにPCエンジンDuo&らんま1/2のソフト最高だったな」との声が上がっています。

昔欲しかったものについての星野さんのトークには、共感したリスナーが多かったようです。

【番組情報】
星野源のオールナイトニッポン
https://radiko.jp/#!/ts/LFR/20221019010000

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.