水卜麻美アナ、『24時間テレビ』翌日の『ZIP!』を休まない理由を明かす!

投稿日:2022/09/07 12:01 更新日:

9月6日放送の「午前0時の森」(日本テレビ系)では、水卜麻美アナウンサーが「24時間テレビ45」(日本テレビ系)の裏話を明かし、話題を集めました。

■水卜麻美「24時間テレビ」裏話を明かす

水卜アナは、「24時間テレビ」の総合司会を2014年から9年連続で担当。

タッグを組む羽鳥慎一アナウンサーも、2011年から12年連続で総合司会を担当しました。

「24時間テレビ」について、オードリー・若林正恭さんが「自分的な水卜的ファインプレーはいくつかあったわけでしょ?」と聞くと、水卜アナは「全然ない…言えないけど、心の中にはぐっというのはありましたよ」と答えます。

若林さんが問い詰めると、水卜アナは「全然、スタッフさんも歴々の長くやってきた方で、基本的に大きな何かはないんですけど…。あれだけ長くて色んな事したいし、みんなに出てほしいから、結構スケジュールはすごい事になっているんですけど」とコメント。

続けて、「あんまないんですけど、たまに『あれ? スタンバイが終わってない』とか、振ってみたけど中継の回線の問題で上手くできないみたいなとこで、そうじゃなかった、みたいな顔はできたタイミングが結構あった。自分で言う事じゃないんですよ。どうしよう、スタンバイが終わってないです、みたいなバタバタしていたけど、そうじゃない感じで、羽鳥さんと喋ったりしてました」と、当日の裏話を明かします。

そして、「自分で言っちゃった、最悪! 恥ずかしいけど誰にも気づかれなくて良くて」と話すと、若林さんは「気づかれないことがプロの仕事だもんね」と、プロフェッショナルに徹する水卜アナを絶賛しました。

■水卜麻美アナ、『24時間テレビ』翌日の『ZIP!』を休まない理由を明かす!

水卜アナは、「24時間テレビ」終了の翌日、朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)でも総合司会を担当。

若林さんが「24時間テレビ」の感動はすぐに言葉にできない、何日かおいてエッセイにしないと感動を伝えられないと話すと、水卜アナは「そういう部分もあって…。実はそれをやっているのが『ZIP!』なんですよ。だから、次の日の『ZIP!』も大事で」と答えます。

続けて、水卜アナは「皆さん、次の日の朝なんで出るのって言ってくださるんですけど、まず自分の中では『24時間テレビ』があって。みんな見られなかった方も見た方も、1日経ってやっぱりあれって噛み締めて、良かったよね、みたいなのをやってもらいたいのが裏テーマで『ZIP!』にはあって」とコメント。

また、若林さんは「特集するもんね、『ZIP!』のオープニングでも。『24時間テレビ』が続いてたよね、テンションが」と伝えると、水卜アナは「見てくれたの? 嬉しい!」と話し、嬉しそうな表情を浮かべます。

さらに、若林さんが「『ZIP!』が終わるまでが『24時間テレビ』?」と話を振ると、水卜アナは「そうです! ZIPって(ポーズを)やって『24時間』終わりました」と本音を明かしました。

今回の放送にはネット上で、「この裏トークが聞けるとはなかなかないなぁ心配してくれる声にも配慮するとはさすが水卜ちゃん」「0時の森でミトちゃんの24時間話してる楽しい」「24時間テレビずっと元気なミトちゃんすごい」などのコメントが上がっています。

「24時間テレビ」でトラブルが起きても、顔には出さず何もなかったように進行を続ける水卜アナはプロですね。

また、翌日の「ZIP!」までが「24時間」というエピソードも興味深かったですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.