LiLiCo、竹内涼真と横浜流星の2ショットに「ジョニー・デップとブラッド・ピットが一緒にいるみたいな感じ」

投稿日:2022/09/03 17:49 更新日:

9月3日放送の「王様のブランチ」(TBS系)では、竹内涼真さんと横浜流星さんがVTR出演。2人は映画「アキラとあきら」で印象に残ったシーンを明かし、話題を集めました。

横浜流星

(画像:時事通信フォト)

■LiLiCo、竹内涼真と横浜流星の2ショットに「ジョニー・デップとブラッド・ピットが一緒にいるみたいな感じ」

LiLiCoさんは「アキラとあきら」で、山崎瑛役の竹内さんと階堂彬役の横浜さんを取材。

映画を鑑賞したLiLiCoさんは、「映画を見終わって色々考えた。あっという間に時間が終わって、もう1回見たいと思うくらい。あと、2人の今日がすごく良いね」と、感想を伝えます。

さらに、「自分の中でもこの2人は大好きな2人だから、ジョニー・デップとブラッド・ピットが一緒にいるみたいな感じする」と、竹内さんと横浜さんを取材できて嬉しいと話しました。

■竹内涼真と横浜流星が印象的なシーンを明かす

劇中で竹内さんが印象的だったと語るのが、山崎の上司・不動公二を演じる江口洋介さんとの共演シーン。

竹内さんは、「絶対に敵わない存在、上司が部下に対して感情を撒き散らすわけではなく、自分なりの正義をキッパリ提示して、完膚なきまで僕を叩きのめすじゃないですか。あれがすごく素敵で、悪ではないんですよ。だからこそ僕は勝負しやすかったし、受けやすかったですね」と、江口さんとの共演を振り返ります。

横浜さんの印象に残ったのは、階堂の叔父・階堂晋を演じるユースケ・サンタマリアさんと、階堂崇を演じるアンジャッシュ・児嶋一哉さんとの共演シーン。

ユースケさん、児嶋さんについて、横浜さんは「やっぱりあのお二方の嫌みったらしい、憎たらしいお芝居は、耐えるのに必死でした」とコメント。

ここで、LiLiCoさんが「現場ではどうだった?」と聞くと、横浜さんは「現場では打って変わってハッピー」と答えます。

撮影現場でのユースケさんは、「よーいスタート!」と掛け声がかかるギリギリまで、普通に会話をしていたとのことでした。

■アンジャッシュ児嶋、横浜流星のボケに…

また、児嶋さんがこのVTRを見ている事を伝えると、竹内さんは「挨拶が誰よりも俳優でした。ちょっとすかしてました。一番すかしてました」と、児嶋さんの印象を明かします。

続けて、横浜さんは「僕はもう大島さんに関して」とボケると、児嶋さんは画面越しに「児嶋だよ!」とツッコミ。

横浜さんは、「芸人さんとして見てないです。役者として見ています」と話し、児嶋さんの演技を絶賛しました。

今回の放送にはネット上で、「涼真と流星ジョニーデップとブラッド・ピットべた褒めだね」「面白かった。LiLiCoさんのインタビュー、作品にも人にも愛があって大好きジョニーデップとブラッドピットなんてステキ」「流星くん、一貫してボケてくれて(大島さん)なかなかナイスだったよね」などのコメントが上がっています。

クールな印象の横浜さんがスタジオの児嶋さんを「大島さん」とイジるくだりが面白かったですね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.