金言に感動!仲宗根梨乃がNCT 127・ユウタの強がりを一瞬で見抜いた瞬間…「ここにいる意味あんのかな?」救った言葉とは?

投稿日:2022/09/03 17:04 更新日:

9月2日放送の「MUSIC BLOOD」(日本テレビ系)では、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・川村壱馬さんと吉野北人さん、NCT 127・ユウタさん、BE:FIRST・RYOKIさんが出演。ユウタさんは、悩んでいた時に仲宗根梨乃さんの言葉に救われた事を明かし、話題を集めました。

マイク

■BE:FIRST・RYOKIはNCT 127・ユウタのファンだった

川村さん、吉野さん、ユウタさん、RYOKIさんは、映画「HiGH&LOW THE WORST X」で共演。

今回4人は、映画の劇中歌「Wings」を披露しました。

また、トークパートでは、お互いのグループへの気になる質問をぶつけあう企画を用意。

MCの田中圭さんが、「RYOKI君が、元々ユウタ君の大ファンだったと」と話を振ると、RYOKIさんは「そうなんです。元々ずっとファンで」と答えました。

■NCT 127・ユウタが日本に帰らない理由とは?

ユウタさんは、16歳だった2012年に韓国に渡り、2016年にNCT 127としてデビューを飾ります。

ユウタさんが普段は韓国を拠点に活動しているため、RYOKIさんが「日本に帰りたいと思う事はないですか?」と質問。

ユウタさんは、「あります。実際あるんすけど、すごいたくさんの紆余曲折があったので。帰りたいって思う時はあるんですけど、その1つの行動で、全てを無駄にするのは馬鹿らしいなって自分でも思うし」とコメント。

続けて、「何より、日本から韓国に行く時に、約束をしてきたんです。『帰らない』って約束をして、親父にも『帰って来るなよ』って言われたんで、言わないっすけど、ルールみたいなのがあるんで、そういうところで踏みとどまりますね」と、家族ともその事を約束していた事を明かしました。

■金言に感動!仲宗根梨乃がNCT 127・ユウタの強がりを一瞬で見抜いた瞬間…「ここにいる意味あんのかな?」救った言葉とは?

ここで、田中さんが「それでもやっぱ帰りたいなって思ってた時は、どうしていたんですか?」と聞くと、ユウタさんは「1回ホントに飛行機のチケットを誰にも言わずに取って、帰ってやろうって思った時あったんすよ」とコメント。

続けて、「何か(みんなと)一緒じゃないといけないとか、ちょっと外れると、俺ここにいる意味あんのかな? って思ってた時期があったんすけど」と、過去の苦悩を告白。

「その時に、仲宗根梨乃さんっていうすごい有名な、ダンス作ったり演出したりしてる方がいらっしゃるんですけど…。その人と会って、初めて僕強がってたんですよ。『僕、元気だよ』っていう感じでハグしたんですけど、『お前大丈夫か?』って言われたんですよ。『君ちたは1人1人違った魅力があって、1人1人主人公になれるんだよ』っていうのを常に教えてくださる方で、梨乃さんに支えてもらったというか、色々な部分で」と、仲宗根さんの言葉に救われた事を明かしました。

今回の放送にはネット上で、「仲宗根梨乃さんに『お前大丈夫か?』って支えられてたって話、泣けたー」「梨乃さんのお言葉のおかげで今のユウタがいるんだと思うと、この先も梨乃さんと一緒に仕事していってほしい」「改めて梨乃さんの凄さがわかったわ」などのコメントが上がっています。

「君ちたは1人1人違った魅力があって1人1人主人公になれるんだよ」と、否定ではなく、肯定から入る仲宗根さんの言葉が素敵でしたね。

【番組情報】
MUSIC BLOOD
https://tver.jp/episodes/ep7kd1m63n

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.