スザンヌ、自身の離婚に「前向きに頑張ってたつもりだった」たどり着いた『2・6・2の法則』に切実さ滲ませる

投稿日:2022/08/11 9:18 更新日:

8月10日、スザンヌさんのYouTubeチャンネル「スザンヌChannel」では、スザンヌさんがファンからの質問に答える動画を公開。自らの離婚について振り返り、視聴者にアドバイスを送りました。

スザンヌ

(画像:時事通信フォト)

■スザンヌ、自身の離婚に「前向きに頑張ってたつもりだった」

Instagramで募集した質問に、スザンヌさんが答えていく今回の動画。

中でも、「離婚します。前向きになるには?」という質問は多かったと言います。

離婚して7年ほど経つスザンヌさん。

「その時はその時で、すっごく前向きに頑張ってたつもりだったし、辛くないよって感じだったし、ホントにそう思ってた」と、当時の心境を振り返ります。

しかし、「今考えるとめっちゃ辛かったし、前向きにそんななれなかったから」と、正直な思いを吐露するスザンヌさん。

そして、「離婚する前後って、すごいメンタルもやられちゃうと思うし、子どもたちのことを思って頑張んなくっちゃって力みすぎちゃうと思うので、頑張りすぎず前向きになろうってせずに、地域のサポートしてくれる人とかでもいいし、お友だちでもいいし、もちろんご両親でもいいし、どんな感じで離婚するか分かんないけど、頼れる人には頼りながら甘えて、ゆっくりゆっくり前向きになっていくものだと思う」と、頑張りすぎずに過ごすことを勧めます。

また、「いずれ時間が経った時に『あの時よりちょっと前向けてる』くらいでちょうどいいなって思います」と、アドバイスを送りました。

■たどり着いた『2・6・2の法則』に切実さ滲ませる

「落ち込んだ時の立ち直り方は?」との質問も。

スザンヌさんは、特に対人関係で落ち込んだ時は「2・6・2の法則」を意識していると言います。

スザンヌさんによると、「2割の人は何しても、どんな行動をしても、応援してくれたり大好きでいてくれて、6割の人は自分の行動とか言動とかで変化する人たち。残りの2割の人たちは自分が何をどう頑張っても、どうその人たちによく接しても自分のことが嫌いな人たち」という法則だそう。

この法則に当てはめることによって、「何しても嫌われちゃうなら、自分が好きなように生きようって思った」と、落ち込んだ時の気持ちの持ち方を語りました。

■スザンヌの前向きな生き方に視聴者「生き方が格好いい」

他にも「恋愛で同棲するのはどう?」「息子くんは学校のこと話す?」「熊本のオススメ旅館は?」など幅広い内容の質問に回答したスザンヌさん。

今回の動画に対し、ネット上では「スザンヌ、変わらずに美人ですね!お元気そうで何よりです」「スザンヌ 最高!!」「自分的には、女神って言葉が1番似合う女性でありながら生き方が格好いい人です」との声が上がっています。

どの質問にも丁寧に、詳しく答える姿が印象的でしたね。

スザンヌさんの言葉で前向きになれた視聴者も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
スザンヌChannel
https://www.youtube.com/watch?v=-4NIAN0JPiQ

(文:二木もなか/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.