DJ松永「最後の1行良かった」北村匠海が作詞したDISH//『Replay』の歌詞を絶賛!

投稿日:2022/08/03 15:32 更新日:

8月2日放送の「沼にハマってきいてみた」(NHK Eテレ)に、DISH//が登場。DISH//・北村匠海さんは"Replayしたい瞬間"を明かし、話題を集めました。

北村匠海

(画像:時事)

■北村匠海が「Replayしたい瞬間」を明かす

今回は「合唱沼」と題した企画を実施し、ゲストとして「NHK全国学校音楽コンクール」の中学校の部の課題曲「Replay」を制作したDISH//のメンバーがスタジオに登場。

そこで、曲のタイトルにかけて「Replayしたい瞬間」を尋ねられると、橘柊生さんは「中学生の頃、塾の帰り道。中学生の頃、塾行っていたんですけど、塾の帰り道コンビニ行ったりして、食べ物だったり買いながら友達と喋ってる時間がすごい楽しかったなと。あの時間、すごい幸せだなと思っていますね」と回答。

一方で、泉大智さんは「やっぱり今を本気で生きるみたいなのがテーマなんで、『Replayしたくない』にしました」と宣言しました。

また、「小学生から中学生まで」と答えた北村さんは、「芸能もやってたので、青春っていう青春がなくて、この間、当時の同級生僕が勝手に小学校の時の仲良かったやつと、中学校の時仲良かったやつ集めて、いっても3~4人だったんですけど、飲んだんですよ、地元で」と、話を切り出します。

続けて、「その時になんか『お前が中学校の時、先生にいびられてるの見て、俺は悔しかった』みたいな事を言ってくれて、ちゃんと学生味わっとけば良かったなって、すごい思ったんですよ、そん時…。だからちょっとReplayをしたいなっていう」と、青春時代をもう1度やり直したい事を明かしました。

矢部昌暉さんは、「中学生の卒業式」と回答。

「僕はすごい人見知りだったので、同じクラスのやつでも喋れない子とかが全然いて、卒業式の日まで…。で、卒業式の日に、初めてクラスのみんなで一緒に遊んで、それがめちゃくちゃ楽しかったのを覚えてるんで、なのでそこに戻りたいな」と、その理由を説明しました。

■DJ松永「最後の1行良かった」北村匠海が作詞したDISH//『Repla』の歌詞を絶賛!

ここで、「Replay」に込めた思いについて、作詞を担当した北村さんは、「大智がReplayしたくないって言ってたんですけど、本当、そのメッセージというか」とコメント。

続けて、「Replayができないっていう、そういう毎日が続いていくっていうことをこの歌では歌っているので…。そういうかけがえのない毎日を輝かしく、そして、愛おしく生きて。今の学生の皆様には特に。なので、代弁させて歌わせていただきたいと思います」と語り、「Replay」をフルバージョンで披露。

演奏を聴いたCreepy Nuts・DJ松永さんは、「 いいですね。最後の1行良かった。良かったっすね、『Replay』最後の。あとから、自分たちの青春を振り返ってみよう、みたいな事ですよね。一日一日大切にして、今を生き抜こうみたいな事は、なんか、学生たちもそうだけど、大人たちも一緒ですもんね」と語り、歌詞に感銘を受けた様子でした。

今回の放送にはネット上で、「めっちゃいい曲、青春に寄り添ってくれる歌詞。歌声も演奏も最高だったよ!!」「歌詞も歌声も演奏も全部素敵でした!中学時代この曲で合唱したかったな」「歌詞がほんとに素敵」などのコメントが上がっています。

北村さんが「小学生から中学生までをReplayしたい」と話したのが印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2022 All Rights Reserved.